天プラ食いすぎて 下痢が恐かったら大根オロシを 沢山食えばいいそしたら下痢にはならないさもし下痢しちゃったら クスリでも飲みなクスリが嫌なら 放って置きなそのうちまた良くなるさ待ち切れないなら眠りなそしたら少しは良くなるさ眠れないなら 酒でも飲みな酔ってつぶれたら眠れるさだけど下痢は治りにくくなってるさきっとはじめからあんなに天プラ食わなきゃよかったと 思ってもそれは思い違いというものさホラ!天婦
仰げば尊し 我が師の恩教えの庭にも 早、幾歳おもえばいととし この歳月今こそ別れめ いざさらば互いに睦みし 日頃の恩別かるるときにも やよ忘るな身を立て 名を上げ やよはげめよ今こそ別れめ いざさらば
天国の記憶 引き裂かれたからだ死ぬほど乾いた 喉の奥で笑うことさえ出来ない 足下だけが崩れる使い古された言葉 そのまま黙っているおー おまえと一緒に消え去ることもないおー おまえと消え去ることが出来ない生まれる前から お前を知ってるのさ壊れていくのが そのままでいいなら誰も気付きやしないおー おまえと頭のところで裏返し死んだものほど 愛してやるさおー おまえと一緒に消え去ることもないおー おまえと
Outsideでむしられてさっさとおまえはブロイラー地球に落ちたらデタラメで気休めばかり 虫ずが走る放ったらかしで 頭にのって引っ張り広げて もう一度天国めざして まっしぐら黙っているより しょうがない天然中毒 天然コラージュ興奮するのはお前の勝手だマザコン・ファイト マザコン・ファイト冗談なんだよ脳膜炎放ったらかしで 頭にのって引っ張り広げて もう一度天国めざして まっしぐら黙っているより しょ
Hello, I Love you. Want to you tell me your name.Hello, I Love you.
電動コケシが食べたのはからっぽになったビルの空無いものねだりの欲望に頭から突っ込んだ電動コケシが首を振ると東京中の高層ビルがひとつオイラが代わりにと夜の夜中に首を振るみんながいっせいに首を振るとなんだか急に湿っぽく今にも街が溶けそうで神さえズボンを脱ぎ出した電動コケシの仕組んだ夜に人間だけがオモチャになった電動コケシの仕組んだ夜に人間だけがオモチャになっただからその時さもありそうに待ってマシタと言
豚に真珠が 豚に真珠が豚に真珠が のさばってる頭の上にマストを立てた学生どもには 自殺入門書傷つきやすいオジジやオババに永久不滅のホーレン草を豚に真珠が 豚に真珠が豚に真珠が のさばってるそこらの可愛いガキどもには無邪気に殺す 毒入りリンゴ手を引く 優しいオフクロどもには頭の上から 猫イラズを豚 真珠 豚 真珠 豚 真珠豚に真珠が 豚に真珠が豚に真珠が のさばってるそこ行くきれいな女どもには病気の
気味の悪いヤツだな胸をつかまないでくれおまえなんて知らないどこかへ飛んでけ虫になったらよろしく骨までひからびたもっともっともっと奥へ嫌になったよおまえなんて知らない虫になったらよろしくきっとおまえが死んだんだ死・ん・だ ……笑うことさえ出来ないかおまえなんて知らない
用がないと 幸せなんだ階段のぼって踊れば階段のぼって踊り続け 落下! Luck!後ろがないと うらやましいんだ階段のぼって踊れば階段のぼって踊り続け 落下! Luck!生まれたときから愛されたことがないのは仕方がなくても おまえのおまえがガマン出来ない 売り渡しても引き取り手がない おいしく見せる手はずはいつも 冗談みたいに他人の手の内 末端神経そうじも出来ない はみ出た欲望丸ごとかじる妄想・嫌悪
腐った魚が食いたくておまえは うろつく Fish空気に触れさせないで足あとが残るから Fishそのまま行方知れずそのまま行方不明腐った魚の目の裏におまえは生み落とす Fish空気に触れさせないで息が出来ないから Fishそのまま行方知れずそのまま行方不明空気に触れさせないで息が出来ないから Fishそのまま行方知れずそのまま行方不明腐った魚Fish
オフクロの肉はマズイぞ脂肪が厚くてかみ切れないんだ思いあまって股をこするなローソクみたいに溶け出すぞできそこないは はいつくばってヘソの穴でも舐めてるさ誰もオマエを裁かないヤケクソになったら終りだ手あたり次第に盗めばいいそしてそのあと鏡の前でケツをまくって最後の晩餐誰もオマエを裁かない健康すぎて気が狂いそうあたりかまわず信じることしか我が身の置き場がないんだろうあんたは正しい 明日も天気だ正解文句
バイ バイBye Byeバイ バイだけど大好きだからもっと遊ぼう
おまえは亡霊 死体にされても見えないおまえは空白 落ちこむことさえ出来ない悲鳴を上げるなおまえは透明 無理矢理消された沈黙おまえは蒸発 正体不明をさらに隠す悲鳴を上げるなのどの奥から 目をむき出せばタイム・リミット タイム・リミット不安が不安を呼びおこしても存在理由が見あたらないんだおまえは亡霊 あきらめきれないおまえは空白 腹もたたない悲鳴を上げるなおまえは蒸発 ニオイになって通りすぎる悲鳴を上
そこに居るのか 私がとどかない目をつぶれば 背中が凍る何も考えず おまえの犬になる鉛の夜に 血がまわる私が欲しいテーブルの上で 死んでみせる何も考えず おまえの犬になる踊り続けるおまえ 手のひら 冷たい溶かしてあげる いつまでも舐めてLet Me DownLet Me Out何も考えず おまえの犬になるお前は死ねない 首だけからませガラスの蒸気だ 私は消せない鉛の夜に血がまわるLet Me Down
バキューム バキューム バキューム バキューム便所の窓を開けっ放しにしておけ誰も居無い時間に訪ねて行くから溜まりに溜った おまえの“クソ”を俺は一人で たらふく食うのさバキューム バキューム バキューム バキューム息がつまるほど苦しくなっても大事そうに吸い取ってやるのさおまえのヤツだけを おまえのヤツだけを食道をクソ供が逆流してくさバキューム バキューム バキューム バキューム吸いとれ 吸いとれ 
のどぶえを喰いちぎった オマエ少しは手応えあったか一滴の血も流さずにどんどん 老いさらばいて行けしなびた胃袋の中で顔だす 消化不良吐き気がする 胸ヤケがする食傷気味だぜ脱けた歯グキのまわりばかりをいつまで なめまわしているのさ気がつくならオマエも まだましだがオレには 嗅くて仕方ないのさそれでもオマエは喰らいつく合わせることを夢みてそれでもオマエは喰らいつく壊せることを 夢見てこたえは NO NO
オレはアザラシ手も足も出ない身動きも出来ないがんじがらめ被害妄想助けが呼べないねじれてそのまま泣いてもダメさ叫んでもダメさ笑ってもダメさ逃げてもムダさ息がつまるいますぐに終るさ
No Fun My Baby No Fun No Fun My Baby No Funたいくつばかりが 一人じめお前のアタマはいつでもまるでゴミダメだまじめくさって天プラ言うなバイ菌どものたわごとだらけ単細胞はお祭りさわぎだ正体なんてまる見えだ1から10まで手をとり足とりやりたいことを教えて欲しいか腰から下は雑巾みたいだ約束なんて破っちまえ
おまえの隠した頭の中に一本のキノコが生えた夜となく昼となくふえ続ける伝染病目を覚ませやってくる雌犬どもの襲撃にヤツ等にそれを食わすのさ腹をかかえて死んで行く様を見る「嵐の晩が好きさなぐりかかってくる雨の男たち嵐の晩が好きさ怒り狂った闇がオレの道案内おれは湖に船を出す嵐は船をめちゃくちゃにたたく真暗な 真暗な水の中から わき出た命白い両手で俺を抱きしめ嵐をさそう水の中から生まれ出たずぶぬれの髪と体を
今日まで、あらゆる社会の歴史は階級闘争の歴史である今日まで、あらゆる階級闘争の歴史は敗北の歴史である共産主義の当面の目的は、階級へのプロレタリア階級の形成、ブルジョア支配の打倒、プロレタリア階級による政治権力の奪取である。共産主義革命は伝統的所有諸関係とのもっとも根本的な決裂である。この革命の発展行程のなかで、伝統的思想ともっとも根本的に決裂することは不思議ではない。共産主義者は、これまでのいっさ
世界の果てまで オレをつれてってくれつぶれていってもいいんだ 失うものは何もない冷たい 水晶を 今夜おまえと食べようのどが切れても かまわないからOh Oh Oh Stop Girl Oh Oh Oh Stop GirlOh Oh Oh いやだと言っても 愛してやるさそれでもおまえは 耳を閉じないでくれるか体が重い 時間は背中を向けてる声が沈む 空気はカミソリ何も見えないときでさえ すべてを許して
何でもいいのさ 壊してしまえばおまえはいつでも アナーキスト壊れていくのは てめえばかりぬかみそになって オポチュニスト吐き気がするほどロマンチックだぜ吐き気がするほどロマンチックだぜ誰でもいいのさ 手をつなげばおまえはいつでも コミュニストゴキブリみたいに 数だけ殖やし手拍子とり出す スターリニスト吐き気がするほどロマンチックだぜ吐き気がするほどロマンチックだぜ良心的にと 手をさしのべて助けてあ
愛していたんだ 天国あたりで愛していたんだ おまえの下水道オレのネズミを 放してやるさ腐った肉まで むさぼり喰らうよ今ではペテン師 ウソまでつくさ吐き溜めばかりが 花ひらくアメリカばかりが なぜ 赤い愛するためには ウソがいるそうだよ オレもペテン師のうみそ 快感 屈辱 むき出しいけないところに 無理矢理 詰め込み雑巾 みたいにボロボロになったデタラメやりすぎ おまえは墜落今ではペテン師 ウソまで
気違い猫 気違い猫気違い猫 気違い猫ガス燃えろ ガス燃えろガス ガス ガス ガス気違い猫 キチキチキチキチキチガイ猫
近親憎悪は金属バットで憎しみ合える死ぬまでにぎったおまえのあそこが赤く燃え上るつぶしてしまえ つぶしてしまえ つぶしてしまえとわめいてろ わめいてろドロボーばかりが いつまでたっても追いつめられる死ぬまで踊り続けていくには 名前が欲しい間違いなんだ 間違いなんだ 間違いなんだと言わせない 言わせないつかぬことを聞き出すのは もうやめにした見る前に 跳ぶ前に 知らされてるのさ白紙にもどせ 白紙にもど
オレの存在を頭から輝かさせてくれ!おまえらの貧しさに乾杯!メシ喰わせろ!
解剖室は空いたか バラバラになって早く出ろホラホラホラ おまえの番だ手足をもぎ取られた奴 頭ぶち壊された奴何でもいいからそのままで 持って帰ろうとするなホラホラホラ おまえの番だ手っ取り早く済ましてしまえ手っ取り早く終らしてしまえ手っ取り早く騙してしまえ手っ取り早く怯えてしまえホラホラホラ おまえの番だ解剖室は空いたか バラバラになって早く出ろ解剖室は空いたか バラバラになって早く出ろホラホラホラ
海の中へ 追いかけて泳ぎながら 顔を見ている笑ってるだから つかまえていつのまにか 笑ってるそして そこからオマエ足音がいらない冷たいそして そこからオマエサ・カ・ナ に海の中へ耳が消える 指が落ちるそして オマエサ・カ・ナ に海の中へ