どっかの駅のホームに忘れ物したのに乗り換えを繰り返すうちそれすら忘れてゆくふりを続けてる改札から飛び出してふと空を見上げると季節に追いかけられてはぐれた僕らの目印 見えるかい雑踏に紛れ込んで そっと思い出すあの日のこと反対側で手を振って笑う君を滑り込む電車が音を立ててかき消した味気ない僕らの最後の合図日が暮れるまで僕らは同じ話をしてきっともう会えない事を誤魔化していただけなんだ甘い遠回りさ雑踏に紛
夜明け前にはこんな場所から出よう闇を駆け抜けよう感傷に浸ってて傷つけるばっかでごめんでも少し泣かせてくれ次の街では大人になっているから今は君とほらHey Hey 嗚呼 Hey Hey 嗚呼 警察に追われるほどのHey Hey 嗚呼 Hey Hey 嗚呼 ヤバい速度でぶっ飛ばしたい友情の全てを代償にしてまで目指す夢に疲れただけさ少年は大志を抱きすぎて死んだそして生まれ変わるのさ次の街では離れ離れかも
ボサボサの頭で君に会いにいく果たされた関係を終わらせるため「わかった」と明るく一言君は忙しそうに電話を切った外に出ると冬に向かう風の冷たく乾いた匂いがしてポケットに手をくるめながら君が少しだけ君が少しだけ強くしてくれたことを思い出す僕は君の君は僕の中にあるくすんだ鏡に映って始まっただけなのにああ胸が痛むのは君のせいか風のせいかわからないもう戻れない人ごみにまぎれていつもより足を伸ばして駅の改札近く
物語 最後の方 万里を目指す馬乗りと草原を走る独りの少女が栞を突き破って駆け落ちをした客足ぱったり中華料理屋 灰皿の中に絶望を見て油にまみれた表紙を閉じる卓球選手がありふれた会話のラリー出稼ぎチャイナガール 三年前の今日だった出前に行ったきり今だ帰らず目的失った招き猫 猛暑の中 千客万来!夕暮れ 換気扇の下で吸うタバコ ジリジリと音を立てて時間が過ぎてゆく出稼ぎチャイナガール 三年前の今日だった出
日が暮れた環状線沿い あの子と歩いた日々言いかけた言葉が宙を舞うそして君の涙が僕の肩で染みになっていたさらさらな君の髪の匂い 街中でふと思い出しちゃったり流行のシャンプーじゃない匂いパフェの上にのってた赤いやつの匂い間違い探しの日々 明け暮れて遠回り錆び付いた心が悲鳴あげるそしてウソをついて見栄を張って逃げてばっかりささらさらな君の髪の匂い 街中でふと思い出しちゃったり流行のシャンプーじゃない匂い
ニーチェに聞いてみた愛とか約束は裏切る為だけにこの世に存在するのかい?そしたらニーチェが頷くニーチェに聞いてみた僕の恋の全てはこの部屋で生まれてこの部屋で死んでいった永遠は手に入らないの?そしたらニーチェが頷く人生万歳! 僕らの未来は真っ暗闇のすばらしい世界だ愛読書を捨て情熱を拾うのさニーチェに聞いてみた青春のひと時は失敗の連続が化石になって輝きだすのかい?才能はお金じゃ買えないねそしたらニーチェ
電車乗り換えで偶然会ったんだ真っ赤な目をしてウサギみたい元気じゃないね五時前の渋谷駅パーカーのあの娘が恋に破れてたパーカーのフードして顔を隠してるどんより空気が今 雨を予感させてる首にぶら下げたイヤフォンコードが複雑に絡まって団子みたいかわいそう五時前の渋谷駅パーカーのあの娘が恋に破れてたパーカーのフードして涙隠してる滑り込む電車の風 前髪をおちょくる本当可哀想だね 憂いのない街で本当可哀想だね 
愛しているとは愛になりそうで相変わらず言えそうにない例えばの話で記憶と陰探し始めることにして学大の駅に向かうまさかの話でさ 本当は出来ないんだ言葉のあやだけど伝わると良いな合い言葉はアイラブユーさ 相手には伝わらない愛しているとは愛になりそうで相変わらず言えそうにない
世界中の人に聞こえなくたって良い 君だけが振り向くなら秒速の季節 押さえきれない感情 今ここで弾け飛ぶのさ何故かあの日の君は笑っていて まるで未来を見透かしてた僕は一人で夢見心地でいて ギターをずっとかき鳴らしていた目に汗入って空がぼやけてくなんかやれそうなそんな気がするでっかい声で叫んで喉が嗄れるまでたった一つの恋を歌わせてくださいああ 今の僕の声をこの声だけをただ聴いてくれ右と左でイヤフォンを
茜色の夕日眺めてたら 少し思い出すものがありました晴れた心の日曜日の朝 誰もいない道 歩いたこと茜色の夕日眺めてたら 少し思い出すものがありました君がただ横で笑っていたことや どうしようもない 悲しいこと君のその小さな目から大粒の涙が溢れてきたんだ忘れることは出来ないな そんなことを思っていたんだ茜色の夕日眺めてたら 少し思い出すものがありました短い夏が終わったのに今、 子供の頃の寂しさがない君に
文学 文学 純文学 文学 文学 純文学拝啓 夜の街 馬鹿な顔した奴らがブスを抱きたくて必死になって口説いてるぶっ壊れた日本語だな 言葉の綺麗な子が良いくそったれーー くそったれーー くそったれーー始発待ちしてたギャルに森鴎外の『舞姫』をススメようと渡したら見事に断られた文学 文学 純文学 文学 文学 純文学話題のこの映画の原作はもう読んでた前も隣もイカれた痛い男女で大事な侘び寂び全部がいちゃつく音
嗚呼 頑張れと励まされたらすぐその場でやめてしまえばいい自分の気持ちだけで動いていればいい親の言う事なんかを信じちゃダメさ彼女の甘い言葉は吐き出すべきさカレー食べる 食べる水飲んでまた食べるMYサフラン MYターメリック汗をかいて 今日も明日も明後日も明々後日も嗚呼 やる気も自信も失って今 限界を感じたとしても自分探しとかで旅に出るなよだって印度で見つけた己の姿はきっと日本の暮らしに向いていないか
こんな夜はあなたと同じで美しいから悲しくなるこんな夜はあなたと同じで闇が深いから触りたくなるああ僕を殺したのは僕を生かせるのはその犯人は一人愛想尽かして冷めた目つきでもっともっと突き放して返信なんてさ二度としないでねあんなバカなメールは痛みが欲しいだけさ心の奥あなたの声が鳴り響いてうるさいんだよ心臓からはあなたの血が溢れ出して生きてるんだよああ僕を凹ませるのは僕を支えるのはその正体は一つ愛想尽かし
ラブラブデスの街を抜けたら僕らを待ち受けていたのは険しい砂漠の道で愛のバラは枯れていった喧嘩 嫉妬ばかりで気付けばボロボロぶっ倒れず辿り着いたら水飲もう結婚して子供が出来たらすぐさま家を建てて住もうアンテイデスの街で僕といっしょ君と出会う前の僕は西部一のとんがりで今じゃ友達に笑われるほど丸くなったんだこれでも山も谷も越えて君と生まれ変わりたいぶっ倒れず辿り着いたら眠ろう仕事して金を稼いで必ず幸せに
(HOT! HOT! HOT!) (HOT! HOT! HOT!)レンタルショップ興味ない棚の前に立って君おすすめの映画がまだ探し出せないカンフーコーナー ジャッキーチェンが情けない僕を睨んでいる七月の腐りそうな暑い狂った空気をたっぷり吸い込みすぎた僕の心はもうぶっ壊れたラブロマンス 三流ホラーより背筋が凍る丸く丸くなりたくないトゲトゲしく生きていたいそれなのに君に会いに会いに行く 空を飛んでくか
ベッドサイドいつも話し込むけど一つになれるのは身体だけでさ困っちゃうよな時たま君のこと壊したくなるけど理性が邪魔して普通にしてる結果“優しい”だけだよ今夜は何故か 一人が嫌でさ終わっちゃった後に帰る君追いかけて駅前で聞くんだ「明日何時起き?」ってね部屋に戻ってすぐに眠ってしまった君の電話が震えてる 誰かが呼んでるよここにいてもいいの?寝顔が何故か 知らない人でさ冷めきった部屋で毛布をかけてあげて
サリー春が来たんです貴方が僕を忘れた頃に来たんですあの日二人、両の手を合わせてこの恋を祈った気がするけどどうだったか何だったか文句を言う為に帰りに神社に寄ろうサリー春は貴方を思い出す春の歌を歌いながら思い出すあの日桃色の薄化粧微かな香水の匂いはさずっとずっとずっとどうしても何してても薄れないから神社で会える気がしたどうだったか何だったか走って家に帰ろうヒラヒラヒラヒラ思い出してたらおみくじ飛んでい
アロハ 世界の情勢はどうだい家族の平和は世の平和皆仲良く暮らそうよお金出してハワイ旅行に行きましょうハロワーク通うニートの君が日本の経済の後継者自信と金持って生きましょう我らこそが有名なロストジェネレーション平成はなんだかハッピーハッピーじゃないね皆がドキドキしてるよメディアに踊らされて僕たち踊ってるネガティブポジティブどっちがいいの?ドカーンと飛んだ原子力屋根も宛先求め彷徨う誰も触りたくはないか
雨降りのベイサイド廃れ港雨降りのベイサイド赤煉瓦倉庫雨に泣いてる紫陽花宿場の横あなたの想い出はここらに置いてこ迎賓館の窓を指でなぞるのさドラゴンたちの群れこんな雨の日は雲の隙間に宝を隠すアイレイ アイレイ船の無事祈る声アイレイ アイレイ港から響いてるまたきっと会えると祈るベイサイド雨ふりのベイサイド汽笛の音雨降りのベイサイドコンビナート船乗りの青二才急ぎタバコあなたと私は離れてしまうけど過去を捨て
チンギスハンの嫁はんのようにヘップバーンの初出番のように君はいつも輝いてるよ お世辞じゃないぜ千年経って歴史に埋もれても人々が語り継がなくても忘れないよ 忘れる事などないよだからそんな顔しないでさ君が単純だったら見え透いた嘘でもっとつけ込めるのに馬鹿で単純だったら落ち込んだ時が俺のチャンスに変わるのに傷ついている友達の前じゃ自らの傷も隠す君は絶対にヘレンケラーにもなれるよだからそんな顔しないでさ君
マダムと舞踏会で会う度いつかの思い出に花が咲き君を捜す寒さに凍えそうな夜とは口元に足跡残す葡萄酒のよう酒に溺れる母のよう出鱈目にステップ刻んでたら心なし 影が嘲笑う消え去らない白い花と思いがけず夢遊び今宵サイゴンで踊ろう雨のダンスメトロで三度欠伸したら恵比寿の街に着いてしまうが今日も行けず心に刻まれた百合の紋章目を閉じればいつも君がいる月隠れの夜だけは少しだけ話をしようそれが夢だと気付く朝までそし
ねぇマリー そのままで良いと言ったでしょサイケデリックな奴らと感情まで持て余すのねぇマリー 毎日が蜃気楼に見えてきた?サイケデリックに染まってく頭ん中、暗闇にこの声もいつかは届かなくなってしまうのでしょういつから可愛かったマリーは変わってしまったのかなねぇマリー 悲しみはどうやって誤魔化すのサイケデリックな優しさは乾いた草煙りねぇマリー 小説を読むのはやめたの?サイケデリックな下着は涙に切り裂かれ
これで最後と誓った相手は何人だったか誰かと比べちゃうのは駄目な癖だわアコギを片手に決めたのよこれからは一人だけを歌うのよ矛盾とは世の常よ そうよ今じゃ 貴方だけあ、あ、あ、愛しておくれよなんて言えない僕のことをさもっと愛してよ南で河童が出たとさ北では雪男が出たらしいそして僕の前には貴方が出たのさあ、あ、あ、愛しておくれよなんて言えない僕のことをさもっと愛してよだなんて言えない俺のことをさもっと愛し
まだ来ない季節の花の芽を探したり自戒の念を密かに背の皮膚に描いてみたりそんな僕らを笑う彼らはラケットを右肩にぶら下げてテニス場へ愛を探しに行くのだろう横顔だけがいつもアメリカーノ真っ赤なケツ隠して 欲まみれ僕らはサルたち サルたちサルたち サルたちフライデーナイト見たくない世界に僕たちは目をつむって踊るフライデーナイト止まない悲鳴からサルたちは耳塞いで踊るだけ犬になんか分からないこの気持ち何処へや
こんな一生はすぐ過ぎてゆく未だに僕はまだまだ死にたくないなんてな漂う仏教の香いっそうこのまま大学辞めてみたい友達にも言えないような恋がしたいそりゃどっちも最高四足で歩き続けて泥にまみれ立って見上げていたんだもう少しで極楽浄土に着くんだぞダラダラ過ぎてゆく!最近の女がよく読んでいる本を本屋で偶然見つけて読んだけどくそつまんない本だなそうです一瞬はまだ終わらないんだし未だに神は心に生きているってのに心
笑うあの娘チャイニーズガール陽気に別れた友達会おう 何処かの土地で果てしない空の下で会おう五 五一二三四 愛は算数イヤハイェヘッホーパンダとイエヘッホー笹齧れば白黒つけれるかもね麻婆豆腐食べた中華街 辛くて笑ったね最後の君を思い出したよ歓びと悲しみは同じ色だった五 五一二三四 愛は算数イヤハイェヘッホー黄河でイエヘッホーひとっ飛び 何処かの土地にチャイニーズ×2ランデブーチャイニーズ×2ランデブー
男を知らない汚れなき処女たちよ自ら血を流して大人になっては愛に溺れてく気分はどうだい今ではもう既に変わり果てた君たちへディタラ気取りのチャラな若者たちが眠りそうな瞼こじ開けてまで誰かを求め彷徨っていたのは僕らは一人だけじゃ夜明けを迎えれないからだディタラトゥエンティあの頃の僕らはディタラトゥエンティ透き通った空気のよう気付けば溶けてなくなってしまった死にたくないとか生きてゆけないとか若き日によくこ
海の向こうは 親日のアジアン希望がないのなら 探しに出掛けようぜ夜は屋台で盛り上がろう愛を捨てて 思想なんていらんよ最前を越えて 目の前の壁は君達がぶち壊せよ!オールド台湾 行ってみ台湾正に理想の国踊る獅子と龍と 爆竹がチンドン目を閉じればそこは台湾!!最高でサイコ 好きな人は皆“温故知新”と 叫んで最後はあの土地に骨埋めたアルヨオールド台湾 ずっとい台湾正に理想の国ボイルド雲呑 オイルド山椒口に
情けを探すためのミュート悲しみを歌うロックンロール誰かに捧げたベースラインそれは意味を持つのかサガンの描く世界少しだけ覗いてみたいな不可解な森はどこまでも続いてる気がしてた僕はまだまだやれるのさそれはまるで自らに祈るようにいつだったか君は笑う鞠をついて遊ぶようにいつだったか僕は言ったお願い 手を離さないで君と僕はどっちが迷ってるそれはまるで空虚の曇り空君と僕はどっちが迷ってるそれはまるで空虚の曇り
サッドガールは飽きやすくて僕の事なんかほんの少しの時間で忘れちゃうだろう僕らはちっぽけでひとりでは何も出来なくてただ泣くだけだったささやかな事で傷ついた僕らはあの日の空を忘れられないんだいつかはゲルニカのような美しさあなたにも伝わりますように旅に出ようかあなたのいない場所へ忘れたい事ばら撒いていつかまた思い出さないように空に向かって叫んでみた冷たいようで優しくてまるであなたと似ていました本当じゃな