法王のワルツ — THE PINBALLS

甘い果実のような 君の声が
静まり返る 石畳
たぶらかすたび法王さえも 笛を吹いて踊るだろう
イエス様も聖杯もぜんぶ
売り飛ばすと泣いて だから

羊飼いは 羊を捨て
靴磨きは 街の中から消える

最も原始的な安らぎ それでいて痛み
命を与えもするなら 奪いもするような
どんな絵も どんな詩も 君を語れないだろう
そうやって繰り返す ひとりぼっちのメロディ

羊飼いは 羊を捨て
靴磨きは 街の中から消える

あきらめる事がないように
優しい人に出会うように
少しずつ 離れていくように

そして羊飼いは 羊を追って
靴磨きは キスをしながら磨く
羊飼いは 羊を抱いて
きっと法王たちは 百万回も祈る