悪魔は隣のテーブルに – THE PINBALLS

あらゆる予言者が
ドアや 肩を優しく叩きながら
囁く 悪い運命のことを
引き返したほうが身のためだと

七色の未来を
薔薇色の未来を
欲しがると思っていたのか

あげるよ あげる
どんなに恐ろしい星が輝いても
誰のものでもない
透明な雨に打たれる
明日を選ぶよ

隣のテーブルで悪魔が
君の心を欲しがっている
「いつかはなくしてしまうはず」と
血をしたたらせたフォークで

手に入れたぐらいで
くちづけたぐらいで
奪えると思っていたなら

あげるよ あげる
どんなに恐ろしい星が輝いても
すべてが消えた
透明な胸に
流れる歌がある

変えるよ すべて
君が恐れる星が輝く夜は
東の空に陽が登るまで
何も見えないように
すべてを壊してあげるよ