ミリオンダラーベイビー – THE PINBALLS

何もかもが 終わったあとの
階段の上を ちぎれとぶ風をみた
花ふぶく ひとひらさえ 何も運べなかった
痛みが傷を流れていく 昼間の音に消されていく声が

はじめから どこにもなかったかのように
忘れ去られる 僕らの若ささえ
100万回繰り返す ありふれた塵で
思い出は はるかに遠く

でも春雨告げる風の中で
踊るおまえを 思い出せる
春時雨ゆく 時の中で 何もなかったように

夢見てた 明日が終わる
嫌いだった歌が 優しく聴こえる頃
名前を覚え合ったあとで 人は別れていく
僕がつぎこんだ 歌も魂も
ふりそそぐ雨も 見返りの金も
君を愛した 心の形すら
誰かと 誰かに似てる

でも春雨告げる風の中で
踊るおまえを思い出せる
春時雨ゆく 時の中で 何もなかったように

季節は嵐さえ
また繰り返す記憶に遠ざける

でも春雨告げる風の中で
踊るおまえを思い出せる
春時雨ゆく 時の中で 何もなかったように