ストレリチアと僕の家 – THE PINBALLS

世界中のハチドリの羽根を
集めたような君の唄が
僕の何かを壊して
解き放った自由が
うるさくて眠れない

怒りの中で 僕は生きてきた
戦う事で意味を支えてた
僕の心を静かにえぐって
風に乾かして 傷跡も残さない

雨に濡れる ハチドリと
ストレリチアの上を 雨傘が揺れる
消えてしまうような 人混みの中でも
僕を呼ぶ気がした 透明な角度で

どこへも続く道がない道で
身体は消えて沈むようだった
僕の心を遥かに泳いで
息をさせて君はいなくなった
「生きる事は確かに無意味でも
きみまで意味を捨てなくていい」
まるで鳥がその羽根を使って
つかむ風のように 譜面の空をゆけ

雨は上がり ハチドリと
ストレリチアの上を 果てしない空を
灯りのともった街を見下ろして
飛んでいる気がした 想像の翼で

映画館の屋根の上 街灯の静けさ
この世界の灯りすべてが
いつだって 僕の家だった
それでも これからも心は
傷ついてゆくけど
生きていける気がした
涙を流してもいい

君は痛みの中で 生きてきた
戦う事で意味を支えてた
だけど時には涙を流して
立ち止まってもいい
無限の空の下