オブリビオン – THE PINBALLS

忘れてゆく事は まちがった事じゃない
何かを失くしたような 甘い切なさが
古い夢の中に 迷い込むだけ

きっと何百年も そして何千年も 繰り返されてる
あの約束のように 塵や彗星のように
忘れ去られて
ぼくらは 消えてゆく ようにできてる

別れてゆく事を いつもおそれてきた
さよならを言えずに さびしく思うたび
どこか 胸の奥で 悔やみつづけた

きっと何万年も そして何億年も 繰り返されてる
あの夢のように まどろみのように
つかみかけては
降り注ぐ ゴミの雨に打たれつづけた

きっと何兆年も そして何光年も
離れていても 君を思い出せる
ような気がしている
たどりつけたら
大事な言葉を話したような
すれ違った日があったような
何かを思い出せるような
なつかしい気持ちが
ぼくらをめぐりあわすような気がする
どこかへ たどりつける
気がしてる