眠りの国から 覚えた僕はだらしなく歩くあの娘はささやく 何か僕にでも何もわからないよ今なんて 僕に言ったの?今なんて 僕に言ったの?ふりかえったらさ 君は見てたよずっと昔の顔で甘い気持ちも 風も残して僕を見つめてる そんなまなざしが時をとめてくれるあの娘はつぶやく だれた街でさえたったセリフ新しい気持ち つめたままで僕に投げてくれるまた何か 僕に聞かせてまた何か 僕に教えて君とみつけた 今年の夏は