Tu Tu Ru…Lets do a movie or a long afternoon driveor going nowheres just
I was caught in the rain on my way homeThe telephone was ringing when
泥だらけの靴蹴っとばした 湿った部屋の中小さな物語を失くした夜 魔法にかけられた一つの存在、一人の天使 私に手を振っていた凍えた体を暖めてくれる甘いチョコレート急いでランプを吹き消そう 限りあるこの世界に身を委ねて鏡の中に私がいる悲しみの翼を転がる光は月の方へこの胸を映して星屑のように散りばめて壊してそのスピードですることもなくて夜も昼もあくびしたり泣いたりしてそれはもういくじなしで寒がりの悪魔が
Daisy掠れた雲の向こう涙を散らす風まだ私を起こさないでBlue Daisy海賊船に隠す見つからないようにこの記憶を閉ざしても心までは失くさないもう一度ここで巡り逢う割れた砂時計の中に眠る愛しさを連れ出せるのはあなたという輝きだけどこまでも深い悲しみに錆び付いたねじが巻き戻るように瑠璃色の小さな花が 風に舞う懐かしい青い空へ何も恐れずにDaisyもしいつか 訳も無く涙が溢れたらわたしのこと 思い
Im not content to be with you in the day timeGirl I want to
眠れない夜この部屋を覆う灰色の光ひび割れた世界螺旋を描いて踊る羽根を操る糸鳴り止まない虚しさと闇を切り裂いて煌めく残像朝を待つたびわからなくなるの確かなものなどないのだとしても導いてくれる何かを求めてしまうわ蒼ざめてゆく心を優しく灯す魔法があるならいいのに瞬きをするだけでひたすらに失せてゆく熱を取り戻せるのならば術があるのなら突き放したっていいわ盲目な願いなどだけど怖いの何もかもが見せかけだと知る
窓に打ちつける雨に 覚えた目眩と愛すべき歪んだ日々風に朽ちた砂の城 決して掴めない幻想を追いかけ 疲れ果てたそれでも明日は来るけど運命は時に残酷に背を向ける淡い期待を裏切ってしまう冷たく 嘲笑うように凍りつく涙が 心を霞めてもう進めないたとえ 霧が晴れても胸の奥に立ち籠める 苛立ちの中で壊れそうになるけれど今は何にも出来ない 傷つきたくない計算で寝返る言葉なんか信じるだけ無駄な事透明に伸ばされたロ
不機嫌なまま 倒れ込んだツウィードのソファーに散らばる オレンジピールチョコレートIt Really Makes My Day!衝撃的に広がるイライラの雨雲を吹き飛ばしてIt Really Makes My Day!Help Me, You Can Make Me
WOOHOO! WOOHOO!WOOHOO! WOOHOO!I got my head checkedBy a jumbo jetIt wasnt easyBut nothing is,
Dont call me. Im in a bad mood and drowsyI miss my bed... 痺れてる 両手の感覚がないDont
Dark Night. Dont be afraid, Ok? We dont see anything星明かりさえも見えない 何もかもを隠す Black NightWe ride into
頭の奥 廻って途切れた声 何度もひらめきの窓を叩いてる聞こえない わからないの Im sick of it出鱈目に吐き出した答えならいらないわIm sick of this place 感情が胸を締めつけ続けるの止まらない 隠れた太陽が昇るまでずっと余計な事ばかり起きて見える世界の退屈な物語なんかいらない“黙ってて”失意の中 立ち止まるときによく 誰かの強さを疎ましく思うわなぜ自分には出来ない
レオパード柄のフェイクファーコート、何となく気に入っているの頬杖付いてため息ばかり“それが何?”って顔はやめてよわかりやすいわ 暗い顔して 重苦しいわ Come on! Baby, Talk to meI swear Ill make you smile. OK, Ill
Break free 嘘をついた I was stupid隠れないで Oh... my Cupid 姿を見せてほしい今 星が流れる間 思い出せたの 胸に灯ってた温かな陽I Wanna Break Free だけど見えない
Im going underground 強い風が 吹き抜ける 白い光の中で立ち止まって 寄りかかれるのは 冷たいタイルの壁だけ読みもしない雑誌を広げた(Im never gonna cry)突然こぼれてしまう 涙を隠せるようにPlease... Dont say her name. I dont wanna
乾いた熱 吹き上げる不快な旋風が埃をまき散らし 逃げていった バカにしてんの? 嘘つきばかり善人みたいな顔して 結局は全部 人のせい 弱いフリをしてうまくやれたつもりで 逃げたって繰り返されるの自分と向き合えない限り 永遠に救われてなどいない 神様を演じる悪魔は安易に望むものを見せてくれる 曇ったその目に何が幻想だともわからずに踊っちゃうの?それで満足ならよかったわ 人はそれぞれ 偽善者ばかり仕方
光の輪を描く木々のゲートバスケットを抱えて空を仰いで歩く木漏れ日の中何から話したらいいかちょっとわからないけど突然途切れた世界はほんとに寂しかったわ想い描く未来が遠く見えたくすぶる 心の地図を胸に押し込み 眠る陽の光に溶け出す春を待つように不安にさせてると気づいてもどうすることも出来ず思い知るのよなんて無力なのかと!でも雨の日曜も強い風が吹きつけるような日も輝かせたいそこに君がいるなら見つめていた
Kick off my muddy worn out shoes.The phone is ringing.I am in my room
When I wish upon a star消えた星空オルゴールの中に落ちた硝子の涙一粒の嘘あなたは気づかない戸惑っていた失う事 恐れて弱さを認めて泣いてたあの日のように(A girl in the Moonlight)星の無い夜も近くにいるSeems Like Yesterdayはぐれた心を見つけて伸ばしてくれたその手に触れたら涙が止まらなかったBaby, Wish
Mama said “look at the clock it is time you went to bed”I said“OK
今明けてゆく空に 誓ったどんな悲しみもこの手に受けて 強い気持ちで 感じてゆくことを夢は現実よりも 時には残酷のようで目覚めて少し 切なくて泣いた 悲しい夢だった時々 この世の何もかもが いまいましくて後悔に埋もれた 私の言葉掃き捨てる場所 見つけ出せたらI will be happy in your dreamIll be happy in my mind幸福の星を流してI will be
細い影が窓辺を照らす 鉛色の夜明け膝を抱え うつむいている遠い とにかく遠い とにかく無感覚に光を受けて 乾いた目は冴える顔を上げて 明暗を知る痛む 心が痛む 心が軽薄な朝にあるだけの この虚しさを捧ぐ凍えそうな胸が 散らばる心が どうしようもなくて逃げたいだけ瞳伏せて耳を澄ませば 辿り着くわ、まもなくそれでもまだ心が痛む 心が…軽薄な朝にあるだけの
蒼ざめた空 黒鳥の列悲哀の手 群がる影すすり泣く声報われない涙は 虚しい月に輝く 天使の梯子その先に 期待をしては嘆くばかりいつまでも そうしていたいの?何か変わるわけじゃない奇跡なんか起こらないthe Enemy lives inside myselfyeah I know...閉ざされた空の下で震えているI stand alone甘いだけの自分に気づいてた揺れる水面に 零した涙隠せない 不安の
空 赤く染める 黒檀の闇呑み込まれた 星屑たち儚く降り積もる 灰の雪見つめた 嘆きの窓I never dreamd凍りつくthere... I come for you想いは 寂寞の夜空に舞い上がり 砕けたこの世界が 形を変えるたびに守りたいものを壊してしまっていたんだ心にひしめく 背徳の闇君の声が 麻酔のように冷たく 感覚を奪ってく矛盾を 追いかけても終わらないなぜ僕は 戦うの?例えば 光が消
まだ暗い朝に揺れる レモン色の光窓辺に踊る keychain朝陽にきらめく シートの上フォトブックとダイアリーあなたがくれたスーツケースah ah Sunday (Gloomy Sunday)ah ah Sunday (yeah spending alone)ah ah Sunday (Gloomy
長い一日が終わり消えていく 過去への扉傷ついてもいい それより違う自分を見てみたいcan I try? “Why should I ?”途切れた声記憶の箱に眠る憶いYoure always on my mind so...Stand by me錆び付いた世界に 何があるの?Show
Yesterday night I was cryin yeahYesterday night you walked out of my doorYesterday night
She really kills me, yeah shes my friendShes my Tuesday high my girlfriendShes so
No, I dont understand your cynical waysAll the things that you sayWill just come
Im going awayIts not that I want toIts just time to goI swear that