the popmans review – THE BOHEMIANS

さびれた無邪気さ別れ
遥か風のように気まぐれ

去りゆく虚しさ明日へ
旅路走りぬけてオーケー

忘れられるごとにぼやきながら羽ばたくぜ

痛みも矛盾も答え
たまに雨のようにゆこうぜ
わかりづらいうちに魂ごと踊るだけ

越えてゆくそのたびに
ソーハイ(高く)
見えるのは何故?

弱音をシーツで包み
みてみぬふりをして不公平

分かり合えるうちに心のまま笑うだけ

年老いてゆくほどに
ソーヤング(若く)
見えるものは何だろう?
越えてゆくそのたびに
ソーハイ(高く)
見えるものだろう?

堕ちてゆくその先に
ソー・ブライト(輝く)
見えるものは何だろう?

越えてゆくそのたびに
ソー・ハイ(高く)
見えるものだろう?
そこが良いだろう
それで良いだろう