君に伝わらなかった伝えられなかった変わらなくてはいけないと君に叫び続けた 君には届かなかった伝えられなかったただ待っているだけの日々言葉は刺さらなかった 戻りたくないあの頃にはもう見たくないあんな顔は刺さる絶望降りつもる夜もうどうもならないよ いらないものばかりで足りないものだらけの限りあるこの世界で限りない夢がみたい その言葉を待っていたそんな気がしているよなんかいつも一緒にいるやつのなんかいつもの口癖
僕が君に出会ったのは学生服着ていた頃君は派手だけど何故か落ち着いたピンクのジャケット纏ってた おぉ真理気づいてたのかい?おぉ真理届いてたのかい?おぉ答えはいらないさドント・アスク・ミー・ホワイドント・アスク・ミー・ホワイ 君が教えてくれたのは好きな気持ち貫くことそうさあの頃の三角関係君の声だけ残ったよ おぉ真理気づいてたのかい?おぉ真理届いてたのかい?おぉ答えは無くて良いドント・アスク・ミー・ホワイドン
憧れのロッケンロールスターキラキラのアイドルみんな普通の人間さ分かってるから分かりたくない あなたのプライベートは知りたい?知りたくない?楽屋に近づくほど遠ざかるこの想い 関係者入り口は空いててつまらない汗ばむチケットもって正面突破したいよ だから関係者になりたくない関係者席はいらない関係者になりたくない関係者パスもいらない 俺様がロックンロールスター私がトップアイドル皆と同じ人間さ分かってるから輝きたい
君に出逢えたのが今でよかったと心の底から思っている少し前の僕じゃわからなかったかな軽はずみ間違えた恥ずかしいあの過去も君を好きになるためには必要だったんだなと今は思えるよ お決まりのあの決め台詞を聞かせてくれよ飽きることなんてありえない ありふれた私のどこがいいの?なんて何気なく聞かれたんだ!oh 何を言ってるの?軽々しく愛してるだなんて心で言うのも躊躇うほどoh 君しかいないよ! たとえこの恋が実らな
メロディに言葉が追い付かないいつだってそうなんだだから出会ったのか または出会ってしまったのか分からないが 間に合いそうで間に合わない今だってそうなんだ「そうだ」「そうじゃない」繰り返し今夜も眠れない だからジャガーとリチャーズジャガーとリチャーズジャガーとリチャーズになりたくて なれなくてなれそうで なれなくて 夢の始まりの瞬間は今だって覚えてるお前が帰った後 ひとり麦酒(ビール)の空き缶片付けてると
プリーズ・ミスター・イエスマン僕の側にいて退屈させないで プリーズ・ミスター・イエスマン分かっているでしょ?NOとは言わないで 僕が欲しいのは君のYESだけ分かってるでしょ?君が欲しいのは僕のお金だけ分かってるのさ YES!YES!YES! プリーズ・ミスター・イエスマンずっと側にいてNOとは言わせない お金があればなんでもできる月にも行けるお金があれば全てが買えるイエスも買える 教えておくれよ 月明かり本当
「OK! B♭で!」 煩悩の数はハンドレッドエイト鍵盤の数はエイティーエイト使うコードは3つだけやりたいことはたった1つピアノでブギウギウギすることだけ ゆくぜゆくぜLook A There地獄だ!もしもピアノが弾けるなら地獄も悪かねえな 後悔の数だけ数えて数えきれぬほど歳とって戻るも地獄行くも地獄そもそも地獄だこの世の中やりたいことならたった1つだけ ゆくぜ!ゆくぜ!look a there地獄だ!もしも地獄で踊
さびれた無邪気さ別れ遥か風のように気まぐれ 去りゆく虚しさ明日へ旅路走りぬけてオーケー 忘れられるごとにぼやきながら羽ばたくぜ 痛みも矛盾も答えたまに雨のようにゆこうぜわかりづらいうちに魂ごと踊るだけ 越えてゆくそのたびにソーハイ(高く)見えるのは何故? 弱音をシーツで包みみてみぬふりをして不公平 分かり合えるうちに心のまま笑うだけ 年老いてゆくほどにソーヤング(若く)見えるものは何だろう?越えてゆくそのたびに
R&Rの教科書の1ページ目に書いてある「R&Rの教科書なんて今すぐ捨ててしまいなよ」取り返しがつかないぜヘヘヘイ R&Rの説明書は単なる白い紙だった裏にはチャック・ベリーの写真もしくはタウンゼント、ドハーティ裏返しにできないぜヘヘヘイ 今日もどこかで誰かがR&Rの発見者後戻りはできないぜ後はもうどうでも良くなる 意味のない歌を大声で今日も歌う 今日もどこかで誰かがロ
気怠さまみれないつもの6時半変わらず想うのはやっぱあの子なのか さっき夢の中で何回もキスをしたそれでもあの子はこの部屋には似合わなくて 雨が降ることがわかっている空どこにも行けなくて 合言葉はいらない どうせつかいやしねえうまくゆくことの方が少なすぎて趣味が悪いのはわかっていたけどあいつを選ぶなんて頼むからやめてくれ 夏になり損ねたどっちつかずの空どうにもならないね 一生晴れぬのか 退屈なままだろうか儚く淀
Oh! Baby 嘘さこの世は全部嘘全部嘘なのよ Oh! Honey 嘘だそんなのはきっと嘘きっと嘘なんだ 素敵じゃないか「好き」だけ溢れたらだけど知ってるかい 何かを好きと言う時は何かを嫌いと言う時だ ラララライラララライ Oh! Darling 嘘さまわりは全部嘘全部嘘なんだ Oh! My Sweet 嘘だこんなのはきっと嘘きっと嘘なのよ 無敵じゃないか偽りにまみれたらだから気づいてよ 君を選んでいるときは我を忘れてい
自どんな名盤(アルバム)でも一、二曲とばす曲ってあるよね? そうさきっとこの曲がそれに当たるんだろう? とばせ とばせ ぶっとばせ次の曲はオススメとばせ とばせ ぶっとばせ次の曲へすすめ きっといつかこの曲を好きになる日が来るとばせ とばせ その日まで次の曲へすすめ次の曲はオススメ ※曲名の>は右黒三角が正式表記になります。
この季節 夏と呼びたくて昨日までのこと 梅雨だったことにしよう 君ははじまりの音色で僕の全てをさらってゆくよ イントロダクション・ガール全てはあの娘のせい全てはイントロダクションいま始まるよ 君は八月の音色で僕の全てをさらってゆくよ
文字数に縛られてベッドから出られぬ君俺は外で待ってるぜ外はまだ寒いけど寒い以外は完璧さ俺たちの時代!とは言えないけどそんな気分 Oh!ハローハローハロー聞こえるかい?誰かが歌うモーニング・グローリーOh!アローンアローンアローン落ち込んで悩んでばっかのロックンローラー 自分以外へ送られた拍手と称賛をやたらキャッチするアンテナぶっ壊れてるのか?それこそ正常か?そんなことばっかり気にしているロックンローラ
目が覚めたらIt’s Alright, It’s Alrightそれで OK それで OK夢見がちでもIt’s Alright, It’s Alrightそれで OK そのままで OK 僕をさらって行く銀色の円盤五月の晴れ空 すっかり下に見える 時代遅れでもIt’s Alright, It’s Alrightそれで
あまり俺に近づくなもっと距離をおいてくれ今の俺に近づくと怪我をするぜこの俺が俺とお前の間の隙間が重要なんだ クリエイション!アクション! あまり俺に近づくな変にベタベタしたくないもっと間を開けてくれMod 愛があるならば ハウリン・ウォーター!マディ・ウルフ! お前は誰なんだ?ひねくれてるやつらだ!!
誰かの日記に親指となりの彼らに中指立ててる0.1 秒それすら勿体ないくらい音の中で夢見ていたい夢の中で奏でたい ああ理想と現実の間の狭い路地裏で弦の錆びたギター抱いて芽生えた未来に今いる ゲットアップアンドゴー!それぞれいま 行こう彼方へゲットアップアンドゴー!それぞれいま 行こう彼方へ 誰かが囁くおやすみおはよう代わりのため息交わる0.1秒今が終わり始まる ああ現実と現実の隙間に作った遊び場でああ良く似た
飛び込み台の上でSha・La・La 気がつけばもう四年もたった馬鹿だからくだらないまんま馬鹿にしかわからないまんま嫌なこと忘れ去りいつも嫌な奴とも離れてたんだ良いことばかりじゃないだとか既にちょっと諦めていた だけど君はそうじゃない!!!そのままで大正解だったいつだってSaturday Night !!!それだけで大成功だった「いつまでも待ってたらラーメンは延びてしまうよ」ってやるときは今しかなかった 何
「冗談ならばいうけどさ、でも嘘だけはつきたかないよな」つまんねー意地積み重ねてやっと俺は気づいたのさたまたまみつけた思いつきを合理的尚且つ利己的に篩に掛けて妄想済み外すべき心のブレーキ I am slow starter邪魔すんな文句聞かせるなI am slow starterたった今答え得るところ 俺が織り成すファンタジーは5時間待ちのハイなシーンこの涙流し尽くすまで続ける奇妙な頭脳作業まるでアンパンマンの頭を
今日も散々頭悪いふりみみっちい妬みばかりを抱きじんわり焦りながらものんびり度々旅に出る心の海楽天的重ねる自己憐憫壁に当たりゃすぐその壁になり仕上がりたいぜ不気味なぐらいにまるで魂に毛が生えたように 退屈の山腐る程あれど暇なんてもん一ミリもねえ溜め込んだ分はその分長くでかく夢とは歩めるのか なあ、Mr. Grace Wednesday 今日も現実と夢交わらずまた事あるごとに異なってく翼はあれども未だに飛ばず落
I’m waiting for the band.ただの空気の振動だハハハSo grad to see you.なけなしの金も吹っ飛んでいくぜこの胸の高鳴りはいつまで続くのかしらね涙が出ちゃう、大人になったつもりのくせに 誰が言ったのかしらねえ君が言ったのかしらねえ何が終わったのかしらねえけど知ってる君が僕を知ってる I love you.Shall we dancing in the
きっと全て見つかる 四葉のクローバーを探してる間に正解はわからないけれど 答えは出せると気がついたある五月の日 雨が来そう ポーラもしも君がポーラ夢に破れてポーラ傷ついてもあの笑顔見せて夜が明けたら始発列車飛び乗って行こういや 今すぐ行こう きっと願いは叶う 四葉のクローバーは見つけられなかったとしても 雨が降っても ポーラもう一人の君がポーラ君を笑ってもほらそれさえもヘイヘイポーラ気にしない 夜が開けた
カシスの粒を指で潰していつもいつも夜の色に染めてく 龍にまたがり星空ドライブいつもいつも夜明けに口笛吹く 君はひとりじゃないよ君はひとりしかいないよとても小さなこの世界で キャラメル箱の最終列車いつもいつも三日月のつり革握る 僕はひとりじゃないよ僕はひとりしかいないよとても小さなこの世界で 君だけの朝を探して
サカナの目でハロー境界が曖昧な輪郭呼んじゃいないのに実体無のあなた出たり消えたり勝手に鳴るピアノ私の好きな「月光」ずっと昔の遠い日々繰り返すの 光るユーのカーでランデヴー透きとおるユーはクールバリトンボイスのアイラヴューこの懐かしい未来に サヨナラしてよ永遠のダンス ステップはジャイヴ音もなく見つめる二人鏡の中じゃ一人サヨナラしたいのまばたきがスパークその後にダウンもう忘れていたいの一人の部屋で 古いキ
too many people understandtoo many people misunderstandtoo many hero 喋りすぎ 黙れよ too many people understandtoo many people
僕はきっと知らぬ間に不思議な魔法にかけられたんだ自分の事を好きになれない理不尽な魔法なのさ そうだきっと怪物なんだ とても惨めな生き物さ他人の涙餌にして大きく育つのさ 見つけたって信じないのに基準を探す終わらない旅 聞こえるかい?「ボニー・モロニー」爆裂のロッキンローリンくだらねえとつまらねえを繰り返しブギ・ウギひょっとして君はギター?もしくは未来? 僕はきっと知らぬ間に不思議なメガネをかけてたんだ他人の
今夜お前とキャバーンクラブの中に忍び込みたい暗くて湿ったあの場所へ 今夜お前とキャバーンクラブの中でストンプしたい腰が砕けてもやめないぜ 今夜お前とキャバーンクラブの中でダンスがしたい今夜お前を悦ばせる為に精を出したい 夢の中まで追いかけるぜ
He beats my sonwithout mercyShe often talks to herselfHe dislikes being treatedlike a childShe
明日何が起こっても 二人の合い言葉口ずさみ歩くの僕は前から知ってた 君がそばにいればいい 今すぐに戻っておいでよ 冬の夜に灯をつけよう キラキラ くすぐったい君といればほら 胸が騒ぎだすよクラクラ 夢じゃない好きな言葉だけで どこまでも行こうカモン カモン カモン 涙止まらないの? 泣き顔の得意な君じゃなかっただろ僕はとっくに知ってんだ 本当の君に気付いてよ 今すぐにそっちへ行くよ 僕らだけの灯をつけよう キ
君はまだ あらそうかい僕とまだ あらそうかいもう二度と 戻れないそれでもいいの?あらそうかい 夕暮れの空に鳴り響くタンバリンゆっくり歩けば声になってしまいそう 泣きそうになっちゃうよ誰かのせいじゃない泣きそうになっちゃうよ君と夕暮れ