忘れたか あの時を ぶっ潰しに 行ったじゃんか吐く息が 白いから 生きてるって 思ったよな俺達は変わったのかな くだらねぇって言い始めて時間とか法律は わからねぇって言ってたよなそんなもんは誰かさんが 勝手に決めたって神々を置き去りにしようぜ それくらい それくらい悲しくて 情けないから 春は嫌い つぶやいて小雨降る 国道を 走らせて 笑ってたよな俺達は変わったのかな 仕方ねぇって言い始めてレスト
野性の花のシンフォニー 咲き誇るファッション・シンガー 涙流して踊ってる透き通ったハート取り戻し始めてる俺達バンガローに住み 焚き火するFULLBODYをやる太古の夜 いにしえのワイン 啜りながら流れ星 短く歌って 闇夜に消えたUFO同士 ロケット花火撃ち合ってる奴らはなかなか利口だ 楽しんでるFULLBODYのBLOOD! FULLBODYのLOVE!FULLBODYのBLOOD! FULLBODY
永遠 走って いれりゃ目的 なんて いらない彼女 ドラキュラ だから?どうでも いいね 知んないロックが 天使? そんで?どうでも いいね 知んない連れてってやるよベイビー死にそうなくらいときめいた所ARE YOU REDAY?WONDERFUL AMAZING WORLDWONDERFUL AMAZING WORLDピンボール 跳ねて フリーだ道は 直結 ミリオンまつ毛 銀色 塗ってフラッシュバ
とんがった太陽が 突き刺さる朝だモナリザの寝顔 眺めるしかおはよう BABY MORNIN! 俺のアイディアは間違ってたのか 血祭りだアウロー アウローロビンフッドはもう コンビーフになったのさ地平線 見える にじんでるけどおはよう BABY MORNIN! バビロンに朝が来た爆弾はシケずに まだ持ってるのさ笑ってくれるかい? 空中に浮いてたんだ骨と皮さえ もういらないんだアウロー アウロー 
メキシコ テイファナ 綿花畑で鬼ごっこをしよう隠れる場所はいくらでもある好きなとこ行けよLOVE SICK BABY BABY LOVE SICK夢はそうね 機関銃NA NA NA NA NA NA NA NA NA NA
ポケットのコイン 数えながら この街を飛び出したよれたブーツ 水たまりを 跳ね上げて飛び出した地平線に 影が映る あの場所まで行くのさ劇的にさ ヒヅメの音 聞こえてきたりして道の途中 山賊にでも おそわれたりおそったり明日になれば それもきっと ただの笑い話さ思うんだけど 感じたこと 焼きつけておきたいんだ空の色とか 風の音とか どんな匂いとか全部そしたらあとで あの場所でも その話をしようかあの
優しげなソニック 緑とオレンジに塗られたサブマリン あぶくを吐いているだらだら海の底を 散歩してるけれど爆弾を抱えてるのは 誰も知らない今がいつだとか 何となくわかるのさラジオがキャッチする ふぬけたニュースでね小さな海中火山 噴火したみたい窓が真っ白になって雪化粧暴発するぜ LAZY SUBMARINE鯨と会話する 嵐が来そうだね海水があったまって ぬるくなってきた流れがかわったけど 行く当ては
I GOT A FREE STONE I GOT A FREE STONE I GOT A FREE STONE yeahI GOT
ベイビー スモーキン くゆらす ゆらりゆらりと宇宙と 世界の はざまの場所から北風を 迎えにゆくちぎれたネックレス 俺の身代わり現実 霧雨 流れてく嘘どうでもいい 感じてないニセモノには ニセモノをフラフープを踊ってくれよ溶けるような 腰を使ってフラフープを踊ってくれよ生きているって 思い出すためにギンガムチェックに火をつけてみたみどりの炎が息をしてるよ燃えかすには 鉄骨だけ軽くなって 浮かれ気分
風が吹いて 麦の頭 揺れ動いて 何かがいる青いしっぽ 踏んづけたら 夢みたいに 走り去った今のは何? 確かにいた今見た? あれ見た? あれなんだ?彼女は今 シャボン玉を いかにたくさん 出すかに夢中ターコイズの お土産は 忘れている 引き出しん中虹をまとい 飛んで割れた 今見た? あれ見た?yeah! yeah! yeah! yeah! yeah! yeah!右の足の親指が 痛み始めて 雨の予感氷
Ah グラマーガールAh スレンダーガール白い肌と黒い肌と黄色い肌とダンスは好きかい?とびっきりのさダンスしようぜはちきれそうなうすいブルーのパンタロンにはベロのマークが虹色サンダルかかとけずって踊るあの娘はケモノみたいさ行こうぜベイビー夜明けなんてさ探さないでさやたら背の高い女がいてさ腰のあたりが俺の顔ぐらいケツをひっぱたいてダンスは好きかい?とびっきりのさダンスしようぜ俺のあの娘心が痛いってシ
HAPPY BIRTHDAY DEAR GILDAコウモリとアイスクリームどっちか選んでプレゼントするからHAPPY BIRTHDAY DEAR GILDAキャスケット かぶってブルーベリー 採りに行こう瓶詰め ジャム用にDEAR GILDA I LOVE YOU.昨日さ ピンクの雨降って 俺達笑ったOPEN YOUR EYES! OPEN
ミミズばれのハートひとつ 1000年夢を見ていたいぜ始まりも終わりもない 途中がずっと続いてるぜミミズばれのハートひとつ いつ死んでもかまわないけどベッドの下 10000回はいたGパンまだはくつもりゴミだらけの世の中でさ あの娘はひとり輝いてるI WANNA BABY I WANNA BABYI WANNA BABY ガラスのBABYジ アウトローズ グリーンデイズジ アウトローズ グリーンデイズ
ベースボール サンデー 晴れた君は地べたで 本読みながら何かを待ってる Hey Johnny! Hey Johnny!いつだってそうさ 正気でいられない悲しみだらけ Hey Johnny! Hey Johnny!グラインド チョッパー 折れたスペース ドライバー トーキン! ジャズマスターだけがダウンタウンの真実 Hey Johnny! Hey Johnny!落ちた城は 戻れないんだぜ考えてみな Hey
IM WAITING俺飢えてるIM WAITING俺飢えてる近未来を想ってる君の未来を想ってる来るサンシャイン降るサンシャイン来るサンシャイン降るサンシャイン来るサンシャイン降るサンシャイン来るサンシャインSUPER SUNSHINECMON!!CMON!!CMON!! CMON!!降り注ぐ近未来のハッピーシャワー浴びている君の姿想ってる君の未来を想ってる来るサンシャイン降るサンシャイ
なんか急いでた 夏が終わって壊れたクーラー タイコ代わり乾いた空 泳ぎにゆこう泣いてばかりいられないさリンゴの木は 固くていいぜ響きはそうねキツツキかな嵐の海見に行かないかそこにはきっと音楽があるあの部屋にいた 青い鳥窓をあけたら 飛び出したカモメが住んでる あのマンションの屋上から夜空を見た月が近くて 落ちてきそうさそしたら拾って 投げ返そう壁でこすった マッチの向こうリルは後に手を組んでリル 
あの娘の肌に 俺の身体をこすり合わせて 地球の地図をぬりかえるのさ 境目は無くてどこへでもゆく 俺ん家は地球さなぁ パンクスグチってばっかいねぇで 愛で愛でぬりつぶせ見上げた空の ちぎれた場所ははるか昔の クジラの香り青中またがって 海を渡るさ陸地が見えて じゃぁまたねってなあ パンクスグチってばっかいねぇで 愛で愛でぬりつぶせあの娘を お前をこの星を愛でぬりつぶせなあ パンクスグチってばっかいね
ひかりはいつも優しくてだから俺は辛くって襟を立てて歩くひと気の無い道ばかり匂いだけで選んでるそれでやっと慎まる俺の吐く息はきっと黒くって血なまぐさがあふれてしまってるだろうそれでもいいと君はいつも笑ってくれるからカズにこないだ会ったんだ赤くなった白目をこすりながら奴は言う涙がさぁ ダイヤなら俺はきっと 今頃大金持ちさ そうだろ限度なんて知らないって感じの夏の雨ぴしよ濡れで目が覚めるそれでもいいと君
折れたクチバシで虹をつついてるけど悪い奴じゃないキレイな色が少し自分にもついたらとカラスは思うなぁ 黒に赤はなぁ ちょっと派手かなビーズと糸で編んだ輪っかを拾ったけどうん どこかぎこちないお前に流れてる血を少し垂らしてくれよそう俺の皿に冷めたスープかきまわしてもケムリすら立たない折れたクチバシでシャボン玉を割るで少し驚く変わった生き物って思ったそれだけさなんて軽いんだってキスしておくれなんかだるい
超人的なバイオリニストがいて書けもしない五線譜の前で疑問符だらけの魅惑のメロディー飛び上がる気持ちを抑えながら向かった先はとんがった岬奏でた音色は宙に舞い上がり続ける子供のローラースケートガラガラと人込みをすり抜けてゆく想像力を簡単に使うだけ使ってサイレンの音はごくまれにだけどあいつの歌に聞こえる時がある追いつめられたバンビのさけび声さ限界を越えて ゼロの先へ転がってゆくのさ限界を越えた ゼロの先
ピアノ 聞こえた 指が 見える白と 黒の 上をメロディ そこから 全て 始まる息を 呑んで その場 立ちすくむ誰も いない そんな 気持ち消えた みんな 水色雪の降る季節にそれはよく似てるやわらかに落ちてくる 目をつむったように原っぱ 寝てる 青い 蝶々名前 つけた バベル ひびきで羽の 音で 空気 揺れた心 軽く あたたかく花の咲く季節にそれはよく似てるそしてあの娘は言う 春が来たねってメロディ
軽ワゴンで ノロノロとグルグル回る何もしない 思ってんのは世界の平和だけど憎めない そんなところがやりたいようにやってる風なのさまゆ毛にはいくらでも時間かけるノーパンでも平気さ かわいいヒップ大事なとこは言いたがらないけどわかってるよいつも本当のところはいとしのヤンキー 首に抱きついて帰ろう俺のヤンキーガール 秘密の話しようしっぽなんて振れないよ最初からそんなもの持ってない だから猫飼ってるあたし
純粋ぶるのが 苦手な女の子だから余計君は真っ白に見えるんだ甘酸っぱいものは 全部スーツケースにつめこんで窓から 外に放り投げるYeah BABY ブラインドYeah BABY 閉めてYeah BABY スローでベッドに倒れ込もう好きなように生きる そんなこと言う奴どうやらだめみたい でも高円寺は好きうずらのタマゴは いつも僕のためにとっておいてくれる そんなとこもあるんだYeah BABY ブライ
大道芸人が 火を吹くのをやめたらそれは音楽が 一旦終わる合図親友のコヨーテは もうバスに乗り込んで明るくはしゃいで ワインこぼしてる空きビンとブラジャーが 散乱しているフロアを確かめて 僕はギターをしまうニューヨークは大変な 事になってるって誰かが小声で ヒソ ヒソ ヒソ僕は2人がけの シートに横になるそのまま目を閉じる ビートが聞こえるこんな時間に 空がなぜだかエンジに染まるのは いったいどうし
パティの抱いている 黒いフェンダーはカマキリが怒った コードが響く太い眼鏡かけた 黒い男が弾いた情熱の ピアノ刺さるグロリア グロリア グロリア ひとつだけグロリア グロリア グロリア 聞いておくれ夜空は湿り気を 好きなだけ含んで落ちて来そうなくらい とても重いからグロリア グロリア グロリア ひとつだけグロリア グロリア グロリア 聞いておくれ俺のそばで踊ってくれ狂いそうさ お前が欲しい薄暗い駅
猫が横切ったちょっとかわいいのが後をつけてこうどこに行くのかなヘイを乗り越えた他人ん家に入った座る形もいい感じだよね眠りたいのなら俺もそうするよ草の匂いだね愛してると言ってみてよハニーそれだけで嬉しくなるんだから雨の日も風が強くてもそれだけでとんでいきたいよそりゃ俺だってだけど俺 今遠く離れてる月面に上陸真最中だよ火星が地球の先祖だって話聞いたことある?なんか楽しそうだねタコが俺のじいちゃん愛して
懐中時計を 開いて見るようにあの娘のハートを 開いて見てみたい桜色の果肉のような すき透ってる何か愛を探してる それがどんなものか答えは無いけど あの娘は知ってたよ空より高く 海より深い 君のママみたいなため息ついても 胸から嫌な気持ち出て行かないため息ついても 胸にはキレイな気持ち生まれないタバルサセンターラインをはみ出して走った切りそこねて落ちた 芝生だらけで笑う何があんなに楽しかったんだろう
君の細い綺麗な首 君の白い太ももにかみつきたい かみつきたい かみつきたい 今すぐにでもうすめの君の耳 すましてる君の鼻かみつきたい かみつきたい かみつきたい 今すぐにでもI WILL BITE YOU.メトロの中 マクドナルド 信号待ち 公園通りかみつきたい かみつきたい かみつきたい 今すぐにでもI WILL BITE YOU.テーブルの上 住宅地 赤いベンチ この世の果てかみつきたい かみ
青空 細かな雪が舞う透明 記憶がよみがえるブラウン カシミヤ羽織ってる君の 後を歩いてたシルベリア シルベリア シルベリアシルベリア シルベリア シルベリアベロニカ 港はさびしくてそれでも 二人は嬉しくてバス停 ベンチにいつまでも座ってた 時間は知らないでシルベリア シルベリア シルベリアシルベリア シルベリア シルベリア雪道 太陽反射して大きな 瞳を細めてる最高気温は2℃だって手の平 氷が溶けて
ブラジルサンバ狂ってやろうぜ消えてもいいねお前といれるなら道は広くて まだ南へROLLIN BABY ITS ALRIGHTROLLIN BABY ITS ALRIGHTスネイクなヒップ振ってやろうぜ脳天からつま先しびれるアクセル踏みっぱなし 止まる気はないROLLIN BABY ITS ALRIGHTROLLIN BABY ITS ALRIGHTイージーライダーすべって転んでる先