君を隠してあげよう – THE BACK HORN

「おいていかないで」点滅する信号機
歩き出す俺のシャツを掴んで

「ってか なんで泣かないの」って不機嫌な顔
俺だって君みたいに泣ける人になりたい

「ショック療法だ」って君が言い出したとき
嫌な予感がしたんだよ

よりにもよって大切な存在を
失う映画を観るだなんて

案の定 映画館で泣いて
喫茶店で泣きじゃくって
「ON・OFFのスイッチがこわれちゃったよ」
って鼻水垂らすから 少しだけ笑えたけれど

君を隠してあげたい
この残酷な現実から
その悲しみが癒える時まで
君をそっと隠してあげよう

「そういや死にたいって言ってたよね
だったらあんたの寿命を分けてあげてよ
生き返らせてよ」
涙ぐんで 君はずっと空をみてた

無茶振りだって言ったけれど
マジな話それも良いな
こんな命抱きしめていたって
なにも出来ないって
とっくのとうに諦めてたけど

君の涙を止めるために
この命なら使い果たそう
君が爆笑するような体張ったギャグを
いつか見せようかな

大粒の涙落ちて君は俺を見つめてる
「アンタもいなくなるの?」
ああそうか 俺は気づいてしまった

君の涙を拭うために
自ら選んでここにいるんだ
この両腕の中へ君を招待しよう
逃げ場所くらいにはなれるから

君を隠してあげたい
この残酷な現実から
その悲しみが癒える時まで
君をそっと隠してあげよう

込み上げる 止まらない思いが
こぼれてく涙になって
ずっと一緒に泣きたかったんだ
君が生きる意味をくれたんだ