ソーダ水の泡沫 – THE BACK HORN

ずっと僕ら 笑って
寄り添うように 離れないから
そっと僕ら この夜の間に
騒いだ街 抜け出したんだ

芝生に寝転んで見上げた
星屑 いくつまで数えたろう
夜露で湿らせた背中に
切なさ敷き詰めて

ああ 全部知りたくて 過去さえ探り合って
そう 永遠を信じたのは 僕だけじゃなかったはずさ

ずっと僕ら 笑って
寄り添うように 離れないから
小さな嘘を この夜にしまって
そっと明日を 遠ざけた

覚えたメロディー 風に乗せ
夜空を自由に駆け巡った
儚く燃える光だけが
僕らを繋いでた

ああ ソーダ水のような 泡沫のその中で
ああ 隠してた嘘が今 弾け飛び散ってゆく

全部見せ合って 疑って傷つけて
そう 永遠じゃないと知った 夏の終わりに

ああ ソーダ水のような 透明な心なら
ああ いつまでも綺麗なまま 離れずいられたのかな

ずっと僕ら 笑って…

ずっと僕ら 笑って…