戻る事ない あれこれ思い出してるしけた面には輪をかけ 死相が浮かんでいるあんなに楽しかったはずなのに どーして頭抱えて寝落ちで迎える朝の音ジェットコースター みたいな人だな動き出したら もう止まらないんだ未練タラタラ携帯電話を触る未練タラタラ幸せそうな壁紙が苦しい既読になったままのサヨナラのメッセージ男らしさは女の心を例えているパンケーキなんか食べたくなかった無駄な甘さと 食感の無さに 虚しくなっ
元気があれば 何も要らない健康が1番 まずはそれでいい多く望めば 指の隙間からこぼれていくもんさ「はいよー」そりゃそうだ!ああ そりゃそうだ!あんたの言う事にゃ 一理あるああそりゃそうだ!ああ そりゃそうだ!あんたの言う事にゃ 一理ある出会った皆様 我が師匠嬉しい時は ニッコリ笑って悲しい時は グスンと泣いて赤子に学ぶ らしい生き方ついつい忘れがち「どうぞ」そりゃそうだ!ああ そりゃそうだ!あんた
何にもしないで 綺麗事ばっか語るなよ何とかしようと 垂れ流す汗よ輝けようやく座った 隅っこの椅子に爪痕を残すよな そんな気で 欲張って行こう8月の蝉に見習えば俺達は もう少し 必死に生きてもいい例えば こんな日が 当たり前の日々が明日も来るとは限らない嬉しい出来事も 悲しい出来事も俺達の1ページ押してもダメなら 鍛え上げて更に押せ本意じゃないなら それらしくそっちに回るな生き残る為に 選び抜く道も
虫の知らせで胸が ザワザワざわつくちょっとやそっとじゃ事が治らない空気頭の中が軽くショートしているひっちゃかめっちゃかになった 手がかりを探すあっハードディスクの あの動画まさか見られたかな貴方の知らない世界男は獣 男は野獣嗚呼 いつまで続く不毛な戦いどこまでいけど 分かり合えない嗚呼 青ざめたまま過ごした1日男と女 身もふたもない嗚呼 Samurai BOO!!鉛のついた足で 家路を急いだニッコ
たどり着いた場所に 満足してるかい?想像してた将来 どんなだったかな?トップの中のトップを 知らなかった頃みんなみんなそうさ 勇者と信じてた小学生の頃は プロ野球選手中学生で諦めた 怪物を見たから今僕の目の前には 想像があふれてるプロ野球選手じゃないけど まだ夢を見てるいつかいつか言ってたら そのいつかになってた真っ白な心で 何を見てたかな俳優になりたくて 授業中に宣言した「おー、じゃあ今何かやっ
おもいきり踏み出した 小指をぶつけてやり場のない怒りを テーブルにぶつけた真っ赤に腫れ上がった 小指と拳は5年後も笑える 話になったきっと誰かの為に そう誰かの為に笑ってもらえるように描かれたストーリーそれでもし君の 笑顔の主役になれたら嬉しいね気合いを入れたデート 準備は万端ボーダーのシャツに ストライプのパンツチェックのシャツを 重ね着にしたらガチャガチャしていたんだ 吐きそうになったよきっと
良く似た 景色を何度も繰り返して笑顔と涙が心で混ざり合った そんな毎日さガムシャラ 輝く若者に自分を重ね合わせたら泣けた騒がしい街の 片隅で夢を追いかけ 夢に躓き 夢に溺れて 傷だらけだけどまだどこかで 信じてるんだ 青春をかけた日々をオールドルーキーズ お前もそうかい?オールドルーキーズ やってやろうぜ写真を 見返していたら涙が落ちた何にも 捨てきれないまま月日だけが 流れていたんだ温かい家庭に
誰かに言いたくて 思いを吐きたくて詩を並べてみた事あるだろ鼻歌で歌って メロディを作ってその延長線上に歌があるそう嬉しい悲しい泣きたい怒ってるそう生きてりゃ毎日気持ちは変わる変わらないメッセージソングなんてないただ最後の最後に俺が歌うのはこうささぁ聞けアイラブユー ただお前を誰よりも 愛してるアイラブユー ずっとずっと誰よりも 愛してるアイラブユー例えば会社で 例えば学校で感じた事を並べる痛快でユ
暗闇に咲いた一輪の花寂しさを抱え 健気に揺れる眩しいくらい 輝く世界僕らを照らす日をそんな夢を見てるまだ何も知らない若い芽ならば過ぎて行く景色もチカラに変わる見慣れた景色 流れた時間汚れたキャンバスを抱えて生きてやれそうさ 負けるな友よ負けるな友よ負けるな友よくすんだ スポットライト一瞬の閃き それを信じ悔やんだり 悩んだり やさぐれたりそんな日々から 生まれるものが時としてあるから時々自分を愛せ
分かっちゃいるけどやめらんねー大人気ない事なんて承知の上自分のケツは自分で拭きゃいい行けるとこまで さぁ行こうぜこれが10代青春の叫びなら美しく共感を誘うだろだけども俺達は目出度く今年40代だそれでもバッテリーはまだまだビンビンだってよ消えかかった 情熱に ガソリンを 継ぎ足して ヘイヘイヘイ気の抜けて 垂れ下がった 両手を空にガッツポーズを突き刺すってのはどーだい Everybody!!俺達の時
追いかけて追いかけて いまだに追いかけてる誠に幸せなこった バカに処方箋は無い人生は隙間産業? 毎日はイタチごっこ?答えのないものなんて 情熱に任せてりゃいいんだよ子供のまま 大人になる 大人になって また追いかければいい情けないほどにまた夢を見て絶望からキセキを迎えに行くお前を支える歌が俺の歌ならいいのになー例えるなら数ある1日も吐き捨てる事なく生きていければそこに生まれた喜びはバラ色の日々よ真
なんだかんだ言わせてくれよ 頭にくるぜ我こそは宇宙一の不幸者ですと!?よく言うぜ!! 朝起きりゃ飯が出るだろ!!まずはそっから俺よりマシさいつかの坊やは大人になったとそれでもやっぱり甘えていたいだとマジでやめてよー オーイェイかっとばせ男 パッと咲け男 鼻息荒げてさぁ立ちあがれさぁ出番だぜ 熱くなれ!!なんだかんだ言わせてくれよ 鶏冠にきてんだ最近ご無沙汰ですよと 最近のくせに~!?俺なんかなぁ
もう直ぐ冬が来るねと川沿いを歩きながらうつむいた横顔が泣き顔に見えたあの日の俺達ならどんな風に乗り越えたかなあなたを悲しませるくらい変わったのかな時代を下る水の中 諦める事を知る出会った日の輝きが 遠く流れてくあなただけを想っていたはずなのに重なり合った影が離れてく俺達にさよならからのドラマが待ってたなんて恋を奏でたメロディ最後の小節 遠く響いてる変わりなく過ぎてく日々どんな風に生きてますか突き刺
正月みたいな毎日 贅沢尽くしの毎日あこがれでーす映画のスター気取りで~ささいな災い気にしない 次の日早起きそんなこた気にすんなこれこそデカい男さまたんな事言いながら 終電気にしています時計の針が俺に 現実に戻って来いと言うぜ走り出せバカ正直モン!!憧れは午前O時まで全速力の風を受け 舞い戻れ!!走り出せバカ正直モン!!誇りも高き歯車さ救世主じゃなきや何だ!?ってYOU超凡人だぜー!!黙って後ろをつ
悪い予感がする 背中汗がにじむ(汗)いーや大丈夫あ バレやしな~いあんた話があるの 完全目がむれってる(怒)ドスのきいた声の彼女が 俺の携帯を開いてユミコに サチコに アユミって誰?(ユミコに サチコに アユミって誰?)友達 友達 マジ友達!!(友達 友達 マジ友達)あ~あガガン ガンガンガガーン(ガガン ガンガンガガーン)ドドン ドンドンドドーン(ドドン ドンドンドドーン)ダダスタスタダンダーン
たまにはグチをこぼして 八つ当たりして猛反省商店街抜けたとこで 赤ワイン買って帰るよチーズも買って帰ろう これで機嫌なおして仲直りしておくれよこの街も この空も この風もこの服も この靴も この僕も君がいなけりゃ味けないよ何のために生きてるんだろう 未来って所はどこだろう?大人って大変だね 現実を背負ってるんだね玄関を開けて 君の笑顔が見えた大人ってのも悪くないな青空も 夕焼けも 星空もアイドルも
ベイビー 聞こえるかい 真っ直ぐな この声がいつも言えない言葉が 心からあふれたベイビー いつか一人 諦めた 坂道をのぼり そして越えて行こう 今度は 君と二人で何でも分ったフリで 孤独を背おっていたら しかめっ面と 仲良くなったあの頃君に出会い 暖かい風に 包まれた過ぎ行く日々を 君と感じて ひとつひとつを 積み重ねていくそして二人の 未来の地図が 完成するって 信じているんだ俺を包んだ 暖かい
時が来るまで待つだけじゃ 咲かずに枯れてしまうだろほら、バタつく足をバネにして バカの壁さえ越えていけ相談、冗談の挑戦かよ? 有能の判断かよ?もうちょっとだったんだろ? wow wow wow一回で限界だええ!?A 愛情のない遊び!?B人生に待ったなし!!C 踏ん張って踏ん張って Go!!エビバディー溢れる 生命パワー エビバディー溢れる 生命パワーエビバディー溢れる 生命パワーエビバディー溢れる
アンタが思っているより 相当タフって考えなアンタが思っているより 相当ワルって考えな安定嫌いなヤツほど 優柔不断でしかたない愛想笑いが得意な ブリッコニャン子じゃ終わらない一般論を切り裂いてブンブンブブン 飛び回れ笑榴弾をぶら下げて 正面突破行くぜジョニーいざバンバンバン!! そこどけ!そこ!いざバンバンバン!! そこどけ!そこ!いざバンバンバン!! しゃべくり世に吠える!いざバンバンバン!! そ
霙雪が降る2月の空に アッカンベーして踵ならしたそのうち春がくるだろ 心も乾きだすだろ良い事きっとあるだろう終電逃して空をあおいだ 静まり返った街で仁王立ち歩いて帰ってやるぜ こんな時間を独り占め良い事きっとあるかもよジンジンバンバンバラ色ロック 楽しいほうに考えろジンジンバンバンバラ色ロック 笑って今日を締めくくれ!!出会ってしまった恋する予感でも、いい人止まりの予感もしてた当たって砕けてしまえ
真っ直ぐ進んで ぶつかってみたら 痛かった でも何かええやん懐かしいような 昔見た景色 星が飛ぶ 閃きの流れ星大人ってな 知らん間に 冷え性になって寒いってな 柵の 重ね着するねんほんで あっち行って来い!こっち行って来い!言われて忘れてしまうねん大事な何か そんなもんを俺歌う事が好きやったとか、絵を描くとかナイター中継を録画してまで見てたとかオマエだけは俺が守ってくって約束とかそう、心があっての
風に舞うのか 散り行くさだめか 意地と誇りだけは見失うなよ!!君の心は君を信じている 君の未来に手を打ち鳴らせ!!今日までダメダメ 俺なんてやつぁ要領よくすり抜けて 正面からブツかった事なぁいよだけど 今回ばかりは避けては通れない一世一代の大一番 夢にまで見た夢と向き合った正面突破で傷だらけ 経験値が最後の砦来るべき時を待つ風に舞うのか 散り行くさだめか 意地と誇りだけは見失うなよ!!君の心は君を
こんな時代の渦の中じゃ 俺達はガラクタの一つ遠慮するなよ ひがむ事なく がら空きの街にストレート夕焼け色に似た心で 万人に許された道を守る物は青いプライド それだけさ心に愛 夜空にガッツポーズ心に愛 夜空にガッツポーズさ可能性を広げるのは 錆びないこのプライドどんな偉人の物語も 夢は儚く描かれてた追えば逃げてく 輝きながら だからこそ素晴らしいもんだと意地と誇りが鎧ならば どこまでも続くこの道を切
どこに向かえば 教えてくれる? 俺達の心は夜明けを待つ遠く輝く 灯台そこは 涙の味を消し去ってくれるかい共に歩めば 楽しかっただろう だけど同じ道なんて無い遠く輝く 灯台そこで いつか会おうぜ それまでまたな重たい足と 迷う心さ それでも友よ 歩き続けようそうさ俺達の夢は始まったばかりさREADY GO READY GO READY GO険しい道に 明かりを灯し 一つ一つ乗り越えてきたぜ後悔するな
もう 離さないぜ お前だけは なにがなにが あろうともいくつになっても答えは無我夢中 只今、青春真ん中爆進中欲しくて欲しくて欲しくてたまらない時々 周り見渡して悩んで 八方塞こいつはイカンでだけど意味無い事なんて今までないもんね向上心だけが オイラのエネルギー ホップ ステップで ダンダンダンス!!諦める事で大人になるなら しわくちゃ面をぶら下げた 子供でいい オーヘイ ヘイ ハングリーマン ヘイ
疲れた体を引きずれば 涙がこぼれ落ちどこまで行けば夢は叶う?と 俺に問いかけたいつかの俺達は 真っ白な心に輝いた絵を描き 飛び出したはずだったのに答えを探して 迷えば 誰かに頼って時には 涙で流して 生きてるって事が希望さ あぁ溢れる愛を もう一度 心に鼓動を いつかは 涙の跡も 綺麗な道になるんだいつの日か 桜並木で 見上げた月は 今も 同じ道しるべ出会いと別れを繰り返し 出会ったはずなのにどう
時の流れを近頃 とにかく早く感じるよ同じ景色だからかな 毎日変わるからなのか何気ない一日は 希望と絶望をつめた俺たちの宝箱さ 明日はなんだろう震える孤独と 激情に揺れて誰もが大人になって行く 息をするように夕焼け 街の色が 染まる頃俺の心 濡らす涙 乾いていくだろう遠くに見えた未来が どんどん近づいてくるよおそるおそる踏み出した そこには誇りが芽生えたたくさんの足跡に 踏み消されたと思ってたオレン
確かな事だけ選んで 明日に希望を見たって想像通りが限界で よく見た景色にアクビ三回もしもの時に備えて 緊急スイッチ押したって覚悟に時間がかかって しびれた足から砕けた人生の失敗は 失敗を恐れすぎて挑戦しないことさ オマエなら分かるだろ?大海原で舵をとれ でたらめだって進めばいい涙の味とよく似てらぁ 友達さ WOWWOW時にはバカになってしまえ 心の羅針盤にならえ生きるってなぁ そう言う事だろ心をギ
足音が響く 鼓動が俺を高める それは君の涙か 夕立みたいだ明日へと今を 切り裂いて進んで行く 月を何処までも追った 少年みたいに簡単な事 悩んでしまう 純粋さって なんなんだろう生きているってだけで 靴底だって減るぜ 旅立ちは今夢を見れば 輝かしく 振り返れば ただ切なく燃え尽きてる 情熱なら 涙なんて 流れないだろ君に 届けたい ただそれだけ それだけが始まり君と 夢に恋をしていた 奮い立つ「旅
いったい何処に着くだろ? 何回だって聞くだろうそうさ、人生は短いようで長いぜきっと辿り着くだろ 何万回も夢見たそこは、旅立ちの夜に描いた舞台さ君の心には情熱が 真夜中の涙が溢れてる 忘れないで 君はとてもステキだから負けないで 負けないで信じた道を進むんだ転んでも立ち上がり 明日だけを見つめて擦り傷 心に 染みるようなそんな日々を生きてやろう正解なんて何だろう? 誰に聞けばいいんだろ?皆、不安と仲