奴らは何処かで見ているのさ怯えた姿を嘲笑い息を潜め暗闇を支配しているすぐ側で涙さえ出ない 届かない何もかも捨てて ただ独りで枯れ果て朽ちる夢から落ちるFATE FATE絶望の淵を彷徨うよ抜け出せないのは蟻地獄頭の中 書き換えて心の中 空になる涙さえ出ない 届かない何もかも捨てて ただ独りで枯れ果て朽ちる夢から落ちる何もしない事は残酷で同じ罪犯す 見ないふり涙さえ出ない 届かない何もかも捨てて ただ
目と目が合った瞬間 僕の心の中に眠る遠い昔に置いてきた 恋心がはじけて何だか不思議なくらい 自分が自分じゃないみたい見る物全てが輝き 空も飛べる気がした曇りガラスの向こう側に何があるというの?光溢れるこの広い空の下で今二人 風になったんだねいくら考えても 答えなんてないさ君がいる僕がいる ただそれだけでいい明日のことなんて 誰にもわからない神様が僕たちにくれた出会いなんて素敵なんだろう夏の陽射しに
初めて出会った日の事 ねぇ今でも覚えてる?声聞かせて何も怖くないと言って微笑み おどける君は僕に生まれる前から決まっていたみたい同じだねねぇ教えて 宇宙から僕を見ていたの?ねぇ答えて 未来では光るスピードで想いは伝わる?Ready for warp退屈な時間を横目で眺め 沈んでいるつまらないね我に帰れたなら この星々の全てを変えてしまえ無くした記憶は どこかで繰り返し終わらないねぇ教えて 宇宙から
大切な この想いを繋いだ あの未来へClose your eyes. Open your heart耳を澄ませば迷い消える あの虹の向こう答え求め 旅に出よう自由に生きる 全て捨てて初めて 目覚め手に入れるよ覚悟を決めて 飛び立つのさこの街では いつも誰かの顔色を見て怯えて生きているClose your eyes. Open your heart耳を澄ませば迷い消える この道の先へ強く願う ただそ
気がつけば いつもより早く時計の針が進むみたい不思議な力に誘われて瞬きも忘れてしまうどこかで見たような景色も心に刻んだ思い出も前から知っていたみたいさ歌うように心が踊るよ悲しみの世界から 羽ばたき舞い上がれI wanna be with you always終わりのない あの夏の風が吹き抜けて行くJust wanna be with you always形のない この想いだけが時を奏でた意味のない
君の白い羽が髪に肩に胸に降り積もるDay dream愛しさに目を覚ます せつないMy only lonely girlまたひとつ明かりが増えて見下ろす街は煌めくChristmas tree受話器越し震える指を温めるには何が必要?あの日君の為に決めた別れCant still say 脆く崩れる愛しさに手を延ばすせつないMy only lonely girlまたひとつ明かりが消えて見上げる空に煌めくShooting
閉ざさないで明日への扉涙で錆びついている鍵は今もここにあるよ仕舞い込んだ頭の中のガラクタ全て捨てたら空に少し近づけるよ恐れず行け 少しの勇気を胸に忘れかけていた このときめきと共に無くした時間の針が動き出すよ素足で駆け出すみたいに心が躍りだしたら街も急に色付きだすあきらめない輝き手に入れるまでまばゆい光に導かれ煌めいてまだ見ぬ世界がほらもう そこにあるたとえつまずいて傷つき見えなくても迷いはいらな
気分次第で子猫はいつも時の迷路に誘い込むねとろけちゃう程 見つめないで君と一緒に廻れ Ride On! Ride On!どんなに遠くても愛の言葉探して君に首ったけなんだ気付いてよ(つまんないって もう言わないで)愛の行方 辿って転がりながら叫んでも知らんぷり?(呆れないで I Know I Surrender)戯けちゃう程 微笑んで惑わされている? 本当はどっち?思わせぶりな態度はやめて僕を愛して
揺れる 揺れる ~想い~ 心揺れる 時を超え駆け抜けて行くまだ誰も知らないこの路の先何が起きたって もう怖くはない外れたレールから動き出すその時は永遠に哀しい色をした空を見上げるこの胸の想いを確かめたくて悪戯な運命に弄ばれてしまう前に揺れる 揺れる ~想い~ 心揺れる 時を超え駆け抜けて行くMake a Wish届け 届け ~胸に~ 願い届け 季節超え煌めいて行く本当の気持ちに鍵をかけていた残され
あのざわめき まだ聞こえる?今このまま この瞬間を止めたくて柔らかな日々 包まれて全てが眩しすぎたはじめから判っていたはずなのにとりとめのない言葉だけが虚しく響くまだ眠ってこの夢 見つづけたいあの風に舞う枯葉たち心に降り積もっていつまでもあなたが消えなくて引き止めないよ今ここから全てが変わるきっと君が選ぶ道の先には まばゆい光が溢れている君のためなら道化師になって歩いて行くよその笑顔 消さないでは
君が傍にいればいい ふたりなら何も怖くない不思議なほど…長い道を一人で歩いて遠回りをしていたみたいだね君に出会う迄の人生はモノクロの映画見てるみたいさ誰が僕たちを責め立てようとも この想いは君が傍にいればいい ふたりなら何も怖くない不思議なほど繋がってくほかに何も欲しくない君に出会うために僕は生まれて来たよ「きっと大丈夫!」隣でいつも微笑みかけて君の笑顔が僕を照らしてくふたりでいくつもの風景を重ね
笑顔になって微笑み合って ときめく事を知った探していたんだ鮮やかな時間が今始まる昨日までの全てを捨てて駆け出したなら誰にでもなれるね明日からは未来を作る楽しい予感 自分で描くのさ不安と孤独が目の前に立ちはだかり季節を奪い去っても希望 空に求め自由になって華麗に舞って煌めく風に乗った変わる勇気もって 全てが輝き始めるよ世界を変える為に僕は生まれて来たよ そう思いたいんだ誰もが独りで見えない敵 立ち向
運命は無惨に時を進めて行く過ちに気付かず人は通り過ぎるなぜ見ないふり なぜ無表情あなたに罪は無いと思っているの?傍観者 長い物に巻かれ生きてる偽りの神に無駄な祈り捧げてなぜ気付かない なぜ流される犯した罪を知ろうともしないの?Its time to realize, I cant stand it at all罠に落ちるのをまっているようなWhen the devil himself sits
眩しい季節 甘い香り包まれ瞳閉じれば無邪気に笑い空に夢を描いた あの1ページ夢中で追いかけた あの虹の彼方へ何も怖くなかった僕らが進む未来 輝き増して行く忘れない迷いながら羽ばたき大空へIn My HEART失う事を恐れないで世界の果てまで行こう冷たい雨に打たれ羽を休める時が来ようと「全てはうまくいく」心に言い聞かせ明日を探しに行こう今でも覚えている繋いだトキメキはIn My HEART君の大好き
その言葉 信じてる?幻に憧れ迷路に迷い込む無邪気に戯れて愛の言葉売り信じ込ませていく王目に映る景色に Love covers a multitude of sins惑わされてるだけ A kings joke is always funny深い闇の奥に真実があるのに気付かずに溺れていく自由を奪われて同じ色に染まる鎖に繋ぎ止め甘い囁きで全て吸い上げていく罠長い夢の果てに Love
やわらかな風揺れる どこまでも終わりのない景色いつか来た忘れられない あたたかな感覚なんにもない僕たちは始まりに戻って行くんだねなんだかもう怖くはないよ いつかまた逢えるね春になればあの日約束した答えを流れ星また一つ空に溶けていつまでも いつまでも胸が張り裂けそう天国の扉開いたら君にまだ言えなかった言葉「ありがとう」何でもない日常が続いてく ただそんな気がして帰らない季節の中を彷徨い続けてるいつか
夢中になって追いかけてた夢の続き まだここにもあったんだ宇宙にまで届きそうな終わりのない夢をちゃんと 持ってんだ 持ってんだ大きな掌の上で踊らされている僕らは羽ばたいて飛んでく誰にも邪魔されず未来 切り開いて まだ見ぬ世界Are you ready to go?Are you ready to ride?誰もがみんなそれぞれの世界の中で輝くようになってんだ立ち止まらず踏み出す勇気さえあれば素敵な未
始まりは何時も突然すぎて 僕はひとり夜明けを待っているあきらめる事に慣れ過ぎていた 熱い心気付かないフリしてあの日の約束憶えているかな 風に揺れる鮮やかな季節街は色づいて形を変えるけど 立ち止まったまま振り向かないで時を止めて終わりのない世界見つけたいけど悪戯な運命に導かれて何も見えなくなるよ枯れてしまうのが少し怖くて 遠回り足踏みをしていた少しの勇気と消せない炎 愛の言葉心に刻んで眠れない夜は星
キラキラ回れ! Roulette 運命の瞬間をJust now My way 始めようぜ道に迷った時には瞳を閉じて風に聴こう明日はきっと輝く夜空を泳ぐ夢に眠る 真白な闇の中キラキラ回れ! Roulette 運命の瞬間をJust now My way 始めよう奇跡を起こせ Roulette 泣いてなんかいないでWhy