始まりは何時も突然すぎて 僕はひとり夜明けを待っているあきらめる事に慣れ過ぎていた 熱い心気付かないフリしてあの日の約束憶えているかな 風に揺れる鮮やかな季節 街は色づいて形を変えるけど 立ち止まったまま振り向かないで 時を止めて終わりのない世界見つけたいけど悪戯な運命に導かれて何も見えなくなるよ 枯れてしまうのが少し怖くて 遠回り足踏みをしていた少しの勇気と消せない炎 愛の言葉心に刻んで 眠れない夜は星
さみしい時も かなしい時もいつもあなたが 目にうかぶひとりの時も あいたい時もいつもあなたは 胸の中 遠くはなれていても たとえ別れていてもこの世のひかりとともに まぶしくあの日のあなたがさみしい時も かなしい時もいつもあなたが 目にうかぶ 雨ふる朝も 風吹く夜もいつもあなたが しのばれる心のうちにつよく まぶたのうちにつよくこの世のひかりとともに まぶしくあの日のあなたが さみしい時も かなしい時もい
ぬすまれた過去を さがしつづけておれはさまよう 見知らぬ町を炎の匂い しみついてむせるさよならはいったはずだ 別れたはずさ 地獄を見れば 心がかわくたたかいは あきたのささだめとあれば 心をきめるそっとしておいてくれ明日にああつながる 今日ぐらい くだかれた夢を ひろいあつめておれはさすらう あてない旅をゆらめく影は よみがえる悪夢さよならはいったはずだ 別れたはずさ おまえを見れば 心がひえるたたかい