紅き陽に染まる頬に笑み浮かべそして対峙する 今 運命の刻護りたいものを胸に携えてゴングが高らかに響く “正義のために” “明日のために”そんな言葉じゃもう量りきれない“さあ始めよう” “全てを捨てて”互いの想い未来へ弾ける真剣勝負(サバイバル) 始まってゆくふたりの世界で生命せめぎあわせ 蒼き華咲かせよう武器でも、拳でもない、自分自身だけが導き出せる たった一つの… 白き星が散る夜色の舞台降り行く帳は薙