そなちね – Tempalay

ねえねえ カラフルな化粧で楽しませてみせて
いたいけな心であなたらしくみせて
命がけでみせて

解体新書 東西へ飛んで
五臓六腑 浸透したいもんです

ソナチネ 産まれたての愛が
育ち 目を開き 声放ち

いつかは消えてしまうらしいが
そなたは美しい 光あれ

拝啓 神さま聞いてくれ
疲れ果てたわけです
おさらばといこうぜ

あの夏の夜 冷えたサイダー
空蝉涼し都夏のあと
花火がチカチカ輝いた
せめて今日だけは生きていたい

その白さ 夏の煙にまかれては消えてゆく
あてもなくただ

あの夏霞の海岸通り
タバコに火をつけたった1人
こめかみの奥向けた自由が
終わりを告げる風のしらべ