Rainbow – Temiyan.

どれだけのむなしさを 耐えたならぬけだせる
海の色変えながら 雨雲が流れてく
追い続けても追いつけなくて
見えない世界に おいかけられたままで

ずっと やすらげる場所さがしてた
どこか遠くにあると思ってた
たたきつける雨の向こうで
雲の切れ間に差し込む陽射しが
ほんのひと時でも すべて忘れて
見上げた空に はかない 永遠のRainbow

どれだけの幸せを つかめたら満足か
海風が強くなり 遠雷が響いてる
見ているようで何も見てない
心で感じて 初めて見えてくるのさ

ずっと おだやかな場所さがしてた
どこか遠くにあると思ってた
通り過ぎてくスコールの後には
焼けた道に立ち昇るかげろう
ほんのひと時でも 時は止まって
見上げた空に せつない 永遠のRainbow

ずっと やすらげる場所さがしてた
どこか遠くにあると思ってた
たたきつける雨の向こうで
雲の切れ間に差し込む陽射しが
ほんのひと時でも すべて忘れて
見上げた空に まぶしい 永遠のRainbow