百鬼夜行 – Tani Yuuki

静寂に満ちた黄昏時
行き交うのは人ならざる者たち
そこに佇むは刹那の瞬き
僕の夢物語

浮き世を渡る碧き光
向かう先は遥か約束の地
それを阻むのは数多の妖
幾重にも重なる螺旋の道

ざわめく波に拐われていった
無邪気な笑顔が問いかけた
求めていたものは何か
見たい景色はここであってたか

百花繚乱に生きたいんだ
僕だけの柄見つけたいんだ
派手にならずとも華やいだ
僕だけが創れるこの世界で

花鳥風月が囁いた
涙拭いてほら、探そうか
消して目立たずも輝いた
僕だけが歩けるこの世界で

月夜を眺む顔にひらり
穿つ愛は僅か過不足と志
それを別つのは数多のまやかし
幾重にも嵩張る邪念の未知

定める度に笑われていた
無邪気な笑顔は濃い影が
溢れでたものは何か
見たい景色はそこで待ってたか?

百花繚乱に散りたいんだ
僕だけの型見つけたいんだ
派手にならずとも華やいだ
僕だけが創れるこの世界で

花鳥風月が囁いた
明日向いてほら、語ろうか
決して目立たずも輝いた
僕だけが歩けるこの世界で

ひゅるりひゅるりそれは綻び
吸い込まれるように舵を取り
うつらうつら夢のまにまに
この手をするり溶けていった

草花に滴る雨音数えては拍を読んで
歌詠鳥囀る声を真似ながら音を吐いた
そよ風に絡み合ういろは浮かべては夢を描いて
海月の舞う水面で空を仰ぎながら心紡いだ

百花繚乱に生きたいんだ
僕だけの柄見つけたいんだ
派手にならずとも華やいだ
僕だけが創れるこの世界で

花鳥風月が囁いた
涙拭いてほら、探そうか
消して目立たずも輝いた
僕だけが歩けるこの世界で

静寂に満ちた黄昏時
行き交うのは人ならざる者達
そこに佇むは刹那の瞬き
僕の夢物語

コメントを残す