Lynx – tacica

不完全なままに心臓が一つ
善悪の誕生
光が射している
未完成に惹かれた感情を憂う
有り触れた風景でボクは大丈夫

戦って少しづつ勝ち取っていく物語を横目に
逃げ出して少しづつ失っていく物語を恨んだ

嵐の中に幻
この世に一つの熱量
ヘッドルームに灯りを
灯るまで我等 動けないわ
いっそ一人で独りでに
笑ったり泣いたり出来る様になろう
朝昼夜を踊る遺伝子
理由を求む

非対称の月が対称へ向かう
本能は頑丈
その日待っている
地平線を燃やして
太陽が暮れる
それだけの風景でキミは大丈夫

輪になって歌って また変化し合う物語が次第に
絡まって少しずつ嫌になってしまう物語を恨んだ

誰も 独りの旅人
途方に暮れる程 素晴らしい
どんな高価な灯りも
孤独の奥まで照らせないわ
どうせこの世でボク以外

この身を生かしてくれはしないのだろう
まだ見ぬ日々よ
踊れ夢中に
自由を望む

有り触れた風景の中でも
時々 流す涙の代わりに
鼻歌 歌うから日々の嘘
鱈腹 心に仕込んで置こう

戦って少しづつ勝ち取っていく物語を選んだ

嵐の中に幻
この世に一つの熱量
ヘッドルームに灯りを
灯るまで我等 動けないわ
どうせ一人で独りでに
笑ったり泣いたり出来はしないのだろう
朝昼夜を踊れ夢中に
理由を求む