孤独と自由 – T字路s

あなたはその手で 真っ赤な果実を もぎとりかじりつく
それは空を 染める朝焼けの色
初めから知っていたの 楽園なんかないさ いくら探そうとも
見渡す限り 砂埃舞う荒野さ

風は呼ぶだろう 西か東か どっちへ進もうか
真っ青な空 飛ぶ鳥の群れ ただ見上げているよ

孤独はきっと 迷うあなたと
肩寄せあって 並び歩くだろう
いつまでも 一緒に居るよ
自由はきっと 進むあなたの
行く先をずっと 照らし続けるだろう
どこまでだって ゆけるさ

あなたのその胸 真っ暗な気分で 張り裂けそうだよ
それは重く 垂れ込める雲の色
ため息ついても ヤケを起こしても どうにもならないさ
それならいっそ 雨よ激しく 頬を打ってくれないか

悪魔がささやく 伸るか反るか どっちへ賭けようか
真っ白い靴 嵐のなかを 汚れても構わない

孤独はきっと 嘆くあなたを
優しくそっと 抱き寄せるだろう
他の誰でもない あなたを
自由はきっと 叫ぶあなたに
その意味をずっと 問い続けるだろう
わからぬままで ゆくのさ

孤独はきっと ラララララララ
自由はきっと ラララララララ
どこまでだって ゆけるさ