spilt milk – SURFACE

またいつもの調子で明日になったら 何事もない
ような顔で君は隣で眠ってる なんて

馬鹿みたいだろ
自惚れ過ぎたんだよ
失った事実からさ
逃げ惑ってるんだ
とっくに 気づいてても

さよならを告げた君の 計り知れない覚悟
ちゃんと向き合って ぶつけ合わないで
イラついてた自分は馬鹿だ
想像もしない景色 君が居ない現実
もういいよ もう十分さ
どんな罰を受ければ戻れるんだろう
ねぇ教えてよ

僕のパジャマの上だけを着た君が 先に起きて
淹れてくれた温かいミルクみたいな 日常

なんて大事な
ものだったんだろうか
こぼしてしまったミルクは
戻らないんだって
嫌なほど 理解してます

時間さえ経てばきっと 何も変わらないと
高を括って 虫のいいこと
考えてた僕は馬鹿だ
どうして愛ってやつはこう あと少しだけさ
間に合わないんだろう
ただごめんて伝えるだけすら出来ない

かっこもつけらんない みっともないくらい
でも好きになるって そういうことなんだって
必死に手ですくってる
何度でも 何度でもさ

情けないぐらいに今も あの日のまんまの部屋
寄り添うように 歯ブラシやマグカップ
僕のパジャマも君がいる

さよならを告げた君の 計り知れない覚悟
ちゃんと向き合って ぶつけ合わないで
イラついてた自分は馬鹿だ
想像もしない景色 君が居ない現実
もういいよ もう十分さ
どんな罰を受ければ戻れるんだろう

今度会える時はすべてこぼさぬように…