死が二人を分かつまでは – SURFACE

前を歩く老夫婦
差し出す手はしわくちゃで
頼りない そんな事ない
支えてきたんだなぁ

直ぐに感化されちゃう
僕はソッと君の
手を握る でも逃げられる
僕達なりの愛

じゃれ合っている この瞬間が
最高過ぎてさ マジもう終わんないでよ

いつか死が二人を分かつまでは
幾多の困難も 共に挑もう
また直ぐそうやって今度は何の
影響なの? って君は言う
いや違う 本心なんだって

いつもの帰り道
いつものように歩く
違うのは 君からさ
手を繋いできたんだよ

ひとつひとつ そんな奇跡の
集合体だけで 白飯いけちゃいます

健やかなる時も病める時も
どの瞬間でさえも 君がマストです
さっきから妙に胡散臭いなんて
そう言うなよ 友人のさ
式で見て 感動したんだって

横断歩道を 白鍵を弾くように
君は軽やかに 渡りきってゆく
その旋律はきっと 僕好みだろう
コレからも隣で ずっと聴かせて

いつか死が二人を分かつまでは
幾多の困難も 共に挑もう
また直ぐそうやって今度は何の
影響なの? って君は言う
いや違う 本心なんだって

健やかなる時も病める時も
どの瞬間でさえも 君がマストです
さっきから妙に胡散臭いなんて
そう言うなよ サプライズで
準備した 指輪出しづらいじゃん