僕たちの声 – SURFACE

僕たちの声が 聞こえているならそうさすぐ
手を伸ばしてくれ
まだ光なんて 見えなくても構わない
君を必ず連れて行くよ
その先へ もっと遠くまで

いつからだろう 自分の居場所も
分からないまま 立ち尽くしてたんだ
誰かのせい 例えそうだとしても
その足踏み出す それは自分なんだよ

今を超える為に 何をすればって迷ってたけれど
不正解ってもしかして無いのかも

僕たちの声が 聞こえているならそうさすぐ
手を伸ばしてくれ
まだ光なんて 見えなくても構わない
君を必ず連れて行くよ
その先へ もっと遠くまで

どうしてもさ 乗り越えられない
壁に当たったら 先ずは深呼吸かなぁ
こんな時に 君ならどうする
なんてよぎってさ 心がザワつくんだ

引き返す道は無く 更に進む道も険しいけど
こんな時でさえ笑って挑めるのは

君がいたから ここまで来れたって分かってる
抱きしめさせてくれ
まだ終わりじゃない ここから始まる景色を
君に見せたいんだよ
あの闇を 超えて遠くまで

完璧なまでの敗北感
味わって立ち尽くした時でさえ
何の根拠も無いのに君ったら
祈るように僕たちを待っていたんだろう
マジでたまんねぇな
ありがとう

僕たちの声が 聞こえているならそうさすぐ
手を伸ばしてくれ
君がいたから ここまで来れたって分かってる
抱きしめさせてくれ
まだ終わりじゃない ここから始まる景色を
君に見せたいんだよ
あの闇を 超えて遠くまで
その先へ もっと遠くまで

その先へ もっと遠くまで