下手くそな応援歌 -たまり場 パート3- – SURFACE

友人がカラオケで熱唱
少し下手くそながらもなんか
妙にグッときた

なんて綺麗事な歌詞と
思いながらも誰かに言われたいって
思ってた言葉だ

ホント申し訳ない
誰の曲かまで知りませんが
マジでアイツのせいで
良さが半減だと 分かってますので

大きな失敗なんかないし
現状も理解しているんだけれど
それでもやっぱ
何処かで認められたいって
褒められたいなんてダサイかい
まぁダサくて良いけれど
ちょっと泣きそうな僕を
からかう奴等に天罰をプリーズ

ほんのりほろ酔い気分で
愛について歌いあげてたら
店員が登場

一番歌いたい部分は
人の歌もロクに聞かない奴等に
ビールを回すだけ

何年振りも関係ない
この空気感がやっぱ落ち着くんだ
なんだかんだと結局
楽しんでる今に 感謝しかないな

どんなに離れていても
どんなに時が流れていても
変わらん僕等は
きっと見えないなんかでさ
繋がっているのかも
よってたかって言うのはさ
せっかく繋がるのなら
絶世の美女が良いとかふざけろ

結局タイトルも知らない
友人の下手な歌に救われ
もうちょい踏ん張らんといけん
そう思えてるんだよ 単純だよな

大きな失敗なんかないし
現状も理解しているんだけれど
それでもやっぱ
何処かで認められたいって
褒められたいなんてダサイかい
まぁダサくて良いけれど
ちょっと泣きそうな僕を
からかう奴等に天罰をプリーズ
今度いつ会うかなんて
決めずに背中越しに手を振ろう

バイバイ
また会う日まで
バイバイ
バイバイ
また会う日まで