また僕はうなずく – SURFACE

単純明快なほど君が好きさ
雲一つ無い空のようにね
伝えればきっと儚く散る
桜のよう いやそんな綺麗じゃないな

君と出会った時 もう誰かのモノと
知っていて尚惹かれた僕が悪い
この淡い想いは もうちょっと消えそうもない
そう 君は何も知らない

男女の友情って ホントにあるんだね
君はそう言って笑ってみせた
僕はうなずいて 嘘を一つ重ね
出来る限りの平静装う
嬉しそうにさ 彼の話を
してる君の幸せを
何処かで妬み また僕はうなずく

千載一遇はその後直ぐ
今にも降り出しそうな日で
彼の悪い噂を聞いたとかで
遠慮なく 僕を呼び出したんだ

泣き腫らした目で 僕を待ってた君を
何も言わず抱きしめたんだけれども
やめときゃいいのに 彼を信じろと
嗚呼 僕は何を言ってんだ

有難うなんてさ 言われたかったの?
自分を問いただして殴ってやりたい
涙でぐちゃぐちゃ だけど笑っている
感情が忙しない君が愛しい
僕が彼なら 悲しい時じゃなく
泣かせるのは嬉し涙だ
何処かで憎み また僕はうなずく

条件が同じならば 僕にもチャンスはあったのかな
出会った順序だけで 全てが決まっただけなんだと
自分に言い聞かせて 自分を偽って 自分を慰めて
これで いいんだ

男女の友情って ホントにあるんだね
君はそう言って笑ってみせた
僕はうなずいて 嘘を一つ重ね
出来る限りの平静装う
子供が出来たら 誰より先に
会いに来てなんて笑うなよ
何処かで恨み また僕はうなずく
何処かで願い また僕はうなずく