待ち合わせ 映画館 手を振る君を見つけて駆け寄った段差 つまづいて バラまいたポップコーン 必死に平気ぶって 手渡した片方のチケット「日付が明日だよ!」って言われて もう苦笑(わら)うしかない… こんなはずじゃなかったよ!想い描いてたのは 素敵なラブロマンス伝えたいコトバ 用意してきたはずなのにこのままじゃ きっとコメディー 奇跡的に残ってた レイトショーのペアシート君の手を握りしめるチャン
振り返る度に あなたが浮かぶよどれだけの景色を 共に越えて来ただろう 勝手ばかりして 不安にさせたねあなたの優しさに 気づかないまま どれくらい 返せて来ただろうこれからは すぐ駆けつけるよ… 忘れないでね あなたを守りたい いつだって ここにいるよ泣きたい時くらい もう強がらないで時には 僕に甘えてね。 過ぎ去って行く Everyday一つでも多く 寄り添っていたいありふれている言葉しか 言えないけれど生
静まり返る駅 ひとりきり改札の向こう 君を探してる流れるアナウンス 最終電車が出て行ったと知らせる Stay… 瞼を閉じるたびに僕の胸に飛び込む あの日の君がいて心の奥 かきむしるよ今だって遅くない どこかに隠れてるなら 驚かせて僕を 君は来ないと分かっていても待ち続けるよ ただ祈るように朝が僕らを遠ざける前にOh I’m waitin’ for… 君を失くした
uh… I love to la la la la la la love youuh… I love
Blah blah blah blah どんな会話だったろう君と出会ったときのことあれからときめきだけが 日々を満たしていた届けたい想いがあふれていく そわそわ 止まらない 「きっとうまくいく」と仲間に背中を押されて 届けたい言葉たちを並べたけどこぼれていく 僕らの間を 君の前では うまく言葉にできないのはこんな恋は初めてだから巡り逢った瞬間 すべてを変えてくれたんだ愛しいその笑顔 この道を君と 並んで歩ける日
もう戻れない 夏の気配を消して行く 通り雨Gwanghwamunではもう 樹々が染まり気がつけば 秋の色 少しずつ君といた日々は 遠くなるけれどあの頃のきらめきにちゃんと さよならができない 今日もただ情けないほど 待つだけ降る雨に 濡れながら 決して来ない君を手をつないで 歩いた道あの日のままの 君に会いたくて ねえ誰かと まためぐり逢いあんなふうに 愛せるかな珈琲が香る この舗道で笑い合ったり でき
ひとり見上げた空の向こう 今日も君をふと浮かべては 思い出す日々おもえば僕ら どれくらいの時間(とき)の中でただ 同じ願い 追いかけて来ただろう 笑顔で見送った 出発(たびだち)の朝こらえた涙が 今になって溢れた “またここで逢える”と 交わした約束が今の僕に本当の強さ おしえてくれたたとえ離れてても 地平線のその先に重なり合う道があるから 歩き続けよう 未来へ 素直になれない僕のとなり 何も言わずそう
新しいノート 最初の1ページそんな季節に戸惑い 立ち止まりそうになるよ 置き去りに されてゆく I lost my way やわらかな風が吹く頬撫でてゆく 暖かさは My all 君の手のひらI lost my way ひとりでは歩けない情けなくて 悔しくなる I know 君はもういない 分かってはいるよ 戻れないことも君へ恋してる気持ち それも届かないこと 分かるから 苦しいよ I lost my way やわらかな風が吹く
何気ない日々が 静かに輝く約束の日まで 指折り数えたりしてあれから季節を いくつ重ねただろう会いに行くよ あなたの笑顔に 広がるBeautiful world 世界のすべてがまばゆくShine on 駆け出すHeart beat あなたを想うとあふれるBeautiful world また会える瞬間をずっとOver&Over 願ってたから 夢で会えた日は 少し嬉しくてだけど同じくらい 早く会いたくもな
ありがとう 今 君に送る愛の歌はかけがえのない歌届けたい 君と出会えたその意味は 涙じゃなく笑顔 分け合うためだねめぐる季節の中で ゆっくりと色づきをくれる 春の陽だまり あたたかい日々いつまでも…いつまでも…君と ありがとう 今 君に送る愛の歌はかけがえのない歌変わらない歌 大好きだよ ずっと側で 支えてくれることで僕は何度だって 架けていく希望の橋をWow… Everything You’r