ソーダ – sumika

けむくじゃらが風鈴の音を聞いて
気持ち良さそうに眠っている
その横で僕もまた寝そべって
渇いた喉 鳴らしてる

2人と1匹のストーリーには
岩井俊二作品ぐらいの彩りは無く
開始1年で見るも無惨に気が抜けちゃって

夏の魔法みたいに弾けて消えた
君の残骸は寝そべっている
そこのけむくじゃら

ソーダ
泣いちゃいそうだ
君を思い出せば しずくが飛び散りそうだ
ソーダ
あの日の思いが
シュワシュワ音を立て空虚な音で響いたよ
ソーダ
シュワシュワと不健康な音で

2人と1匹のストーリーには
とりたててトピックスもなく
派手な喧嘩もする事もなく
お金や浮気でも揉めず

今になって思い出せば
なんでちゃんとぶつからなかったんだろう。
って心痛めつける日もあるが
その痛みすらガスのよう

ふわって世界に馴染む 色もついていない
僕たちが吐き出したガスは
無色透明だった

ソーダ
泣いちゃいそうだ
君を思い出せるヒントも見つからないんだ
スロウダウン
あの日の思いが
シュワシュワ音を立て空虚な音で響いたよ

吐き出すものすらない
僕らもはやただの砂糖水に成り下がって
そんなの美味しいわけもなく

どうせなら色ついて匂いもして
もう迷惑だなって時々そのシミみたいなものを
見返して僕は何度思い出して
君を嫌いになって
嫌いになって
嫌いになって
ってもう
なれるわけもないけど

ソーダ
僕らのストーリー
色もなければ匂いもしなかったストーリー
ソーダ
どうせならそうだ
けむくじゃら担いで
もう一回だけ
弾けるソーダ

ソーダ
僕の思いは
色味がある甘ったるくて
醜いソーダ

ソーダ
君への思いが
ガスが口から出るアレに
似ているよソーダ
そうだ
気が抜ける前に僕はゆくよ

けむくじゃらを担ぐ僕は
君の家の前に辿り着き
渇いていた喉を潤すように
今、ベルを鳴らした