あの手、この手 – sumika

春風吹けども まだ冷える夜は
二人の手を戸惑わせた
手と手握りしめ 歩いていた夜の
始まりと終わりの歌

汗ばむ右手 冷えた左手
この手に縋(すが)り この手を諭す

まだ離れていかぬように
握るけれど

春風吹けども まだ冷える夜は
二人の手を戸惑わせた
握る力が釣り合わぬ夜は
予感を確信に変えた

春を待ちきれず訪れた風は
二人の間すり抜けた
この手離れれば終わっていく恋は
愛にはなりきれなかったの?

春風吹けども まだ冷える夜は
二人の手を戸惑わせた
手と手握りしめ 歩いていた夜の
始まりと終わりの歌

こわばる右手 悟る左手
あの手を握り 嘘は上手に

ポケットに忍ぶリング
その手の対

春風吹けども まだ冷える夜は
二人の手を戸惑わせた
手と手の型が噛み合わぬ夜は
今夜でお仕舞いにするわ

春を待ちきれず訪れた風は
二人の間すり抜けた
この手離れれば終わっていく戯言(こい)は
愛にはなりきれなかったの