雨上がりの街に傘を忘れた子供のように道しるべも別れの言葉も僕らはひとつ残らず捨てた まぶたの裏の赤咲くべきでない花のよう追いかけたアドバルーンの陰僕らは同じ耳鳴りを聞いた ハローハロー ああ、この気持ちも濡れて揺れた紫陽花も腕組みしたままの東京もいつかは音もなく消える ハローハロー
雨の日の窓際の色のぬけた紫陽花のわやになったかたつむりの悲しいうずの雫の海が見える気がする日の濡れたにおいの坂道の曲がりそこねたガードレールのすべてに青く君の名前を書いていく 「自由」と また会おう
飲み捨てた瓶のこと冬の寒さも子どもの頃のあだ名も忘れてすり抜ける傘の下街は海底のよう借りてきただけの与太話って感じだ カルトスターのケツを追いかけ回す君の悲しみはひどくありふれて僕は傷ついた人のふりをして君を騙そうとしているのかもしれない あの子はただ、誰とでもやりまくるだけ ああ、髪を切らなくっちゃ逆光 目に焼きついてずば、巻き上がる砂つ風雨上がりの街を乾かしていく あの子はただ、誰とでもやりまくるだけ
青のバックふくらんでチルアウトしちゃいそう屋根の上 橙の青のバックふくらんでおかしくなりそう空を見るのが仕事だった 青のバックふくらんであほらしくなって屋根の上 公団のあの子14歳でエレキギター買って大気に甘いシロップ ガムシロップ 青のバックふくらんでチルアウトしちゃいそうときめきの革命を俺は14歳でエレキギター買ってときめきの革命を ときめきを
中古のバンを手に入れてどっかいなくなろうぜ朝には心を決めて夜のことは知らないぜ海から吹きこむ強風が君の腕をへし折るぜ太陽が君の目玉をえぐり出すぜ クールクール! シンボルマーク決めようぜでかい布にして掲げようぜやつらの絶望は笑っちゃうほどありふれてるぜ呼びもしないのに真実がいずれすべてを暴き出すぜボサッとしてるとみんなくたばるぜ 僕らは14歳だった掛け値なしの荒野を目指したむせかえるほど 大気は甘く甘く
例えば今すぐに昼になったとしてなにもかも些細なことと思えたとして花は咲きつづき 空にはミサイルが飛ぶなぜひとりとしてまともな奴がいねえんだ? ゴーストレイトトゥヘル ボーイ街に出て中指を立てようぜなにもかも捨てられるとこの際さ言ってしまえよ もうなにひとつはぐらかすなよ俺たちはいずれ地獄に落ちんだとしてそれが今日じゃねえって誰にも言えやしねえんだ ゴーストレイトトゥヘル ボーイ鍵をかけ中指を立てようぜな
見失えない目の裏のアドバルーンの影緑っぽい水色の始発電車の窓耳鳴りが聞こえている狂った露光度で見えるものだけ見えるものだけが見える 閉じた傘で遊ぶ12月の子供たち水たまりを踏む連れてけない虹が立つ 月の裏側への最終経路朝日が染めるパラソル誰かのシャボン玉雨降りの新世界へ落ちていくその時に目玉に焼き付いた見えるものだけ見えるものだけが見える 俺は俺のステイシーで12月の街を行く水たまりを踏む連れてけない虹
でたらめな雨が上がったらこの空じゃすぐに渇くさうそぶいた君の声を蝉の声がかき消した 新世界に行かないでよ虎が出るかもしれないしね僕ら飲みもの欲張ったから炭酸 なくなっていく 打ち上げたスクイズを太陽が飲み込んだおどけた君のサインを僕はきっと忘れる 打ち上げたスクイズを太陽が飲み込んだおどけた君のサインを
素早く改札を抜ける一匹の俺は修羅である。 頭んなか渦巻いてるポエム。腹がへっている。南南西の風はやたらに強く、俺はいつにもましてスピードが早い。俺の中で俺だけに通じる海賊言語を読み上げ続けているもう一人の俺がいる。ていうかこの空さかさだ。さかさじゃないふりしてる。 パイレーツランゲージパステルカラーの街を行く一人超人部隊パイレーツランゲージ夕暮れ時目覚めた俺はそう絶好調 俺は未確認飛行物体である。 アカシ
バイクに乗りたい板金先生暴風落雷常磐線逆走ラーメン食べたい沖縄行きたい暴言爆音常磐線逆走 I owe you nothing. バイクに乗りたい四弦切れた暴風落雷常磐線逆走マンションのチラシ入れんじゃねえ 言え、愛を。言う?言わない。
新宿区へ向かう道の途中でぶっ倒れたまま朝になった街道 夏草のにおい白線の果てのオシャカんなったビーチサンダルを捨てた起き抜けのビルの群れはいつか飲み干せなかったコーラの瓶の色 エレファント名前がないと困るだろういつかひとりでくたばるとしても新宿区へ向かう道の途中で見つけた白い花をお前に食わせたかった 目を覚ますと何もかも夢でつけっぱなしのテレビのニュースどこかで何かの花が咲いたということです船が沈み 
アカシア 風が吹いたら降らせた甘い雨菓子パン 書き終えたまま忘れた絵葉書みたい ああ、いつかちぎれて意味をなくしたそういう言葉はなんだっけ 夕暮れ 目を覚ましたらあの子は街を見に出るよくある世界のインチキも真冬のサーカスみたい ああ、いつか誰かを愛すんだろうでもね、世界は糞だぜ ああ、思い出す日々を 笑いころげたそういう気分はなんだっけ そういう言葉はなんだっけ
九月の雑踏でガムを噛んでいる夏がまだ遊歩道でくすぶっている誰もが14歳でビーチサンダルで誰もまだ知らないものを探している 夜の屋上でそれを見ている青があの人をふちどっているはるか極東で火の手が上がる夜はあたたかで僕はくしゃみをする 離れた指花で隠して鋼のユービックこのプールサイドから あらゆる雑踏でガムを噛んでいる世界をダメにした優しい人がいる五時のサイレンに最後のニュースが鳴る「未来の光だ」ってガムを