蒼く眠る水の星にそっと口づけして生命(いのち)の火を灯(とも)すひとよ時間(とき)という金色のさざ波は宇宙(おおぞら)の唇に生まれた吐息ね 心にうずもれた優しさの星たちが炎あげ呼び合う……波間さすらう難波船のように もう泣かないでいまあなたを探してる人がいるからお前に逢いたいよと 愛は多分誰かのためにそっと捧げられた永遠(とお)い祈りなのね人はひとりではいられない淋しさの星座からこぼれた花片(はなびら)