Pride – Suara

心が擦り切れる音を聞いた気がしたんだ
本当に大切なもの 失くしたあの夜に

どの道が正解かなんて考えても
誰も答えてくれない 僕は僕と向き合うしかない

ガラクタのような僕だけどまだ終われないから
信じてくれるその声に誇りを掲げて
流した涙を背に明日を生きてく
あの頃と違う顔上げて

何かに押しつぶされそうで怖くて寂しくて
どのくらい叫んだなら君に届くんだろう

周りの景色羨んで嘆いてた日々
だけど一つだけ知ってる 僕は僕でしか生きれない

今を受け止められたならまだ終わらないから
信じてくれるその声が譲れない誇り
これまで何度だって越えてきたんだ
悔しさも僕の糧になる

ガラクタのような僕だけどまだ終われないから
信じてくれるその声に誇りを掲げて

今を受け止められたならまだ終わらないから
信じてくれるその声が譲れない誇り
これまで何度だって越えてきたんだ
悔しさも僕の糧になる
あの頃と違う顔上げて