雨宿り – Suara

惜しむ春の雷鳴 銀色の雨
儚くも美しく 映し出す光と影
きみは何を見てるの 窓の向こうに
蒼く光る瞳は 鳥かごの小鳥のよう

手のひらに集めた星は
いつか砂となって 零れてく

サヨナラの意味をずっと探してた
雨上がりの夜空には 霞む三日月
眠れない夜に 思い出す景色
鮮やかな空の青と 在りし日の雨宿り

きみは何を見てるの 澄んだ目をして
雨に濡れた長い黒髪 忘れてた萌ゆる匂ひ

いつとなく無くした言葉
口にすることなど 出来なくて

サヨナラの言葉 そっとかみしめた
雨上がりの夜空には 星屑ひとつ
眠れない夜に 見る夢はいつも
どこまでも続く虹と 崩れゆく砂の城

眺めの空に白い雲
誰もいない海 夏の終わり

サヨナラの意味をずっと探してた
雨上がりの夜空には 霞む三日月
眠れない夜に 思い出す景色
鮮やかな空の青と 在りし日の雨宿り

在りし日の雨宿り