言の葉 – Suara

露けし窓に宵闇が近づく
儚き想い誰がために

幾つもの微笑みがこの手の中にあって
寂しげなその瞳に
一つでも確かな未来を映せたら

言の葉 風に乗せて ひとり待つ貴方へ
そっと肩に触れて軌跡を残してく
この世の理は繰り返すと知って
ただ、廻る 廻る 廻る それだけ

幾度も夢に思い馳せようとも
過行く夜に答えはない

在りし日の面影は今も記憶に残る
柔らかなその手と手
揺蕩う時の流れには逆らえず

言の葉 風と散って 悲しき運命でも
心の奥底に宿るこの想いよ
この世の理は繰り返すと知って
いま、巡る 巡る 巡る それだけで

移り変わってゆく この景色の中
変わらぬ心のまま 生きてゆける

言の葉 風に乗せて ひとり待つ貴方へ
そっと肩に触れて軌跡を残してく
この世の理は繰り返すと知って
ただ、廻る 廻る 廻る
いま、巡る 巡る 巡る それだけ