無情 – Suara

しめやかな宵の雨 水面が揺れる
酔いしれた心まで朧に映る

揺らぎ許さぬ意思と 側で寄り添う迷いが
思い睦ぶか否か 向かう先わからずに

夢の中の残像 日々の中の空虚
無情にも時は流れてゆくのに
響き渡る哀号 それとも彼の哀歌
無情にも時は流れてゆくだけ

欠けてゆく宵の月 もの憂く夜明け
物悲しい心には答ふ(いらう)こと無く

ふたつ惹かれ合うのに 落ち合うことは叶わず
想い焦がれた意味の 向かう先知りながら

夢の中の残像 日々の中の空虚
無情にも空は明るく遠くて
響き渡る哀号 それとも彼の哀歌
無情にも空は寂しく遠退く

夢の中の残像 日々の中の空虚
無情にも時は流れてゆくのに
響き渡る哀号 それとも彼の哀歌
無情にも時は流れてゆくだけ

ユメノナカノザンゾウ ヒビノナカノクウキョ
ヒビキワタルアイゴウ ソレトモカノアイカ