旅立つ人へ – Suara

風に薄紅の花の舞い
あの場所へと誘う
細く背伸びした影法師
幾度も夜に沈んだ

母の強さと父の涙を
心もとなき背中に背負って
旅立つ人よ 永遠に歩めよ
いつか恋し想いを越えて

夢の果てに辿り着く頃
祈りは届くのだろう

空に伸びゆく飛行機雲
仰ぎて見送れば
遠く聞こえるは愛おしい声
刹那によぎる幻

今日別れても明日は出会うと
揺れる灯絶やさぬように
旅立つ人よ 永遠に歩めよ
いつかその坂道を越えて

夢の果てに辿り着く頃
祈りは届くのだろう

今日が終わって明日が始まる
いつも変わらぬ光を浴びて
旅立つ人よ 永遠に歩めよ
いつか恋し想いを越えて

夢の果てに辿り着く頃
祈りは届くのだろう

君へ届くのだろう