淡い宵瞼切って曖昧な姿態もどかしくて振り子に額蹴られてるんだ飛び込んだ光泳いで Listen buddy揺れるんだ視界故に荒んだストーリードラスティックにPlease somebody描いたりしたいんだ愛選んだつもりの世界に One day I wrote a letter to retrieveSome day I realize the
Jumper onでSetupElectro回路を結線Sound check0と1を生み出してLoad upインスタンス今進みだすステータス48to96まだ足りない 問いかけてたんだ壊した波形乗って音の先が見えているか鼓膜を震わせたマトリクス追ってGet ready for the Downfall Make Em Bounce Dive into the Stream踊らせてBounce itステレオフォニック身を委ねDrop
真意とかけ離れた言葉に返すことすらできないまま頭ん中駆け巡った優しさを盾にして見覚えのない夜を恨んだ 鏡よ砕け散れよ陰の中で眠れよBring it back nowお願いだから前触れもなく裂けた雲の狭間に消えるBreak in pieces君は僕だろ 地平線滲む橙の鐘を手で覆ったもういらないから地図にもないような場所へ行こうバカみたいだろって笑う穢れちゃいない螺旋状の想いは 鏡よ砕け散れよ陰の中で眠れよBring
Swayバッキング重ねてHardyなローエンドハマりたいわけじゃないのにどうして控えめなレスポンスをスマートに交わして拒まずInfinity God damn so wavy little shady bad lady騙されたFeeling it’s creeping misleading紛れ込んだ曖昧なものはIf you really want
彼方ほど遠く狂うには浅い告げる蝶は舞い彩度を落としていくBlackout 見限りの可能性と割り切れない想いに巻き込まれ最期の朝と思しき日をまた越えていくBlackout 空に引きずられまいとして少し啼いた強く此処にまだ居たいんだって目で語ったBlackout Save meEase me 光を今揺れている灯に注いでくれ暗闇まで奪えるならそうして 彼方ほど遠く狂うには浅い告げる蝶は舞い彩度を落としていくBlack
見覚えない文字に記憶を照らしたある朝のことだった少し滲んだインク雨上がりの余韻思い出したよ元気にしてるか 遥か昔の物語じゃない 夢奏でた幼き声呼び起こしたありがとうって伝えたいんだ動き出した空の合図で進んでいく想像とは別のストーリー 懐かしい風が止んでしまう前に積もる話をしようか古い映画を見ているような気分さ次のシーンは変えてもいいだろ 遥か昔の物語じゃない 夢奏でた幼き声呼び起こしたありがとうって伝えたい
懐かしい歌が聴こえた雑踏に紛れて僕達が失くし続けた願いを奏でた 不愛想な街の明かり慣れないよ 今君は笑えているだろうか何も偽ることもなく選んだ言葉に心を焦がした変えることも出来ないくせに あの時にこうしてたらって意味のない戯言こびりつくリフレインのせいで頭が痛んだ 不安定な街のノイズ止めてよ まだ君は覚えているだろうか波がゼロに還る時を幻のような引力を知った誰に邪魔されることもなく 忘れられることばかりじゃな
Stop the rain for your sake 動かない風零れ落ちる花揺らいで皮肉めいた空吐き出した煙滲んでYou color me yellow はぐれた鳥は色を失ってそれでも重たい体引きずるようにして羽ばたくYou color me yellow あなたが与えてわたしが望んだ眩し過ぎても逸らさないで浮かび上がっては目に沁みる願い涙掠めて満ち欠けていくYou color me
巻き戻すことが叶わないなら心のクロノグラフシンクロさせてみてよ秒針が奏でるリズムに木霊するように流れるメロディー溢れる程に覚えているよ 期待したいの分かってる勝利と友情の形を痛みを与えるつもりはない高め合えるのなら 挑戦は自由にスタイル結束させて臨んだ3rd Bout常勝を確信させる心はひとつDon’t let it go 自分を信じろ 戻れない時をそっと鼓動に乗せて歌え僕らはひとりじゃない明日は変え
I don’t know what I should do nowWith every strength I can take to
蔑まされた劣勢隠す故ここに立つ意味を持つ決した所以逃げず今探す理由変わらず細胞覚ます光よ I wanna renegade down 酩酊しそうなほどの耳鳴りがしたゆっくりと目を開けなければ喪うもの選べない程何かに縋る意思達よ 荒んだ結晶持ってどこに行こうって言うんだよ 生に拘ってない訳でもない揺れる未来焦点距離が歪んでしまっただけで霞む感情繋ぎ止める手段なんて過去に置いて来たそれでいいんだ Take away an
君は僕に何をくれたって言うんだ薄れていく声を聞いた遠くでさっきまでの唄は誰のものか気づかないでいいそのままでいい もしもあの時僕が…やめよう Wishing you a good lifeもう一度なんて二度と言わないからIt’s been so long忘れてしまうよ君の声も僕の唄さえも Walk on whatever it takesForlorn hope with
歪み行く感覚に未完成なループを消した輪郭を変える世界捨てたいならReborn again 観測者に行動抑制された異端子のリビルド越えた証明論弾け飛んだロジックと共鳴したこの時を今繋いだんだ Pay back bring back face up the lightTake everything you want now here
Wait It’s got to be a mistake Making another painNothing is going straight Wishing
静寂を切り裂くよう訪れたのは必然としての邂逅僕等の為に後悔を嘆く瞳に映る君はそう憂いを纏って美しく咲いた 誰かの生命に溶ける花ねぇ君にも見えるだろうきっと 重ねた過ち塗り替えるよう何度でもいいさ繰返していくスタートライン過去とは違う明日を二人だけの希望描くスタートラインI never say good byeいつだってそうさ 継続していく証明としての結晶仄かに揺れる灯を宿して光彩を放つ未来焼付けた君の瞳は少し悲
Waiting for you I’m on the other sideLeaving this place Hold on a minuteTake