いつだって本当は ずっとI wanna say I love youでも戸惑うばかりで過ぎて行くね時間だけ 君のすべてに触れたくてI never want to fight this feeling僕の声聞こえてるなら 格好つけたくて君の前だと結構ピンチであってもDinnerもLunchも普段乗らないタクシーも Ridingお金じゃない ただ君と二人でも ちょっとしたメールで落ちるむちゃくちゃ上がって 周りもひかす祈ってる