川沿いの鈍い色の石を蹴ってなんとなく言えなかったお別れとか思い出して夜になるまで彷徨う 工場街の片隅で堰を切って溢れ出す悲しみは胸の奥に仕舞い込んで朝になるまで踊ろう此所で踊ろう 夜を越え 失われる何かの幸福を祈るように朝まで夜を越え 失われる何かの幸福を祈るような愛とビートを鳴らそう此処で鳴らそう 届かない声に 君は不安になった線路沿い排気ガスと言葉たちが宙に舞って朝になるまで踊ろう此所で踊ろう 夜を越え 失わ