いつからか物語の中にいた 誰もが主役を知りもしないままで高らかな声で歌え ここにあるメロディひとつで 明日を紡いでゆけ さあ手を広げて 離れ離れ 振り向かずにゆこう季節は流れ 一期一会 繰り返すだけでも 孤独な道の向こうに 誰も見捨てないように かすかな光が揺れている記憶のマイルストーンに 決して忘れないように 君の名前は刻まれてる いつからか物語の中にいた 誰もが主役を知りもしないままで高らかな声で歌