R.G.B. – Spangle call Lilli line

反対の色 プレートに合わせてありつく ただ居候
嘆いてる文字に愛情はあるの 全てどうなろうと
気に入ってはまたほどいて ラジカル醒めたい

点で結んだ 水色の炉にはありつく風 居候 連れてくる猫と

謎に続く道を歩く
昨日の遮る暦  綴らぬ時は

あんなに 切なる頃は なんら研ぎすますカーブ
どんなに決してもそう  雨はやんだ 言う通り
あんなに目覚めた朧な 狂いそうに得るまま そばにいて
どんなに成すべきも まれに言えば 酔い遂げたい

まさにエメラルド 振り返る
昨日のはじく絵の具 まばらな弱み

あんなに 切なる頃は なんら研ぎすますカーブ
どんなに決してもそう  雨はやんだ 言う通り
あんなに目覚めた朧な 狂いそうに得るまま そばにいて
どんなに成すべきも まれに言えば 酔い遂げられたい