crawler – Spangle call Lilli line

青に至るピースをフラットに霞み
一重と間をいつも 高度跳ねる魚籠 選択は 屈託な軌跡の髪
解いてくの シリアルは雨に重なる ふさいで

優等に誂え 瞳
優等に細工をひそかに

見抜いた池には さらに潜む 耽美
カラフルなフェンスの側に放る闇 選択は 屈託な水滴の髪
解いてくの シリアルは雨に重なる ふさいで

優等に誂え 瞳
優等に細工を静かに

ずっと 永久に意味ある泡に四季は貸すわ
ビートは走る 雨はそう言う
次の日は派手に勝手に 会えるきっと 夢に再縁 常に詩歌ら 甘い長駆
ビートの波をくぐり抜けて 背伸びさえ 木に隠れて

きっと 永久に意味ある泡に四季は貸すわ
ビートは走る 雨はそう言う
次の日は彼に喩え 会えるきっと 声に再縁 ゆえに吸い殻 赤いトーク
ビートの波をくぐり抜けて 背伸びさえ 木に隠れてて