cobalt – Spangle call Lilli line

さざ波の背に立つ ただ固有 普遍には
余るビーズ 集め近づく 鳥と強引
紙に放つ 解放用のコードはある 呼応し
移り散る 最後まで 広がる倍音の我意

朱塗りに付けるバイアス 寒空に架かる
揺れる飽和には 怠惰の 浅い絽と故意
紙に放つ 解放用のコードはある 愚答の詩
空の地位に 最後まで包み込む 歌の霾

時は自由に言葉乗せ あとは希望と波の音に

夢の推移 あの辺に ただ固有 名付けて
靴に間に合う経緯 まずは 鳥と強引にいる
何故 解放用のコード待つ 多様に
渦に散る 乱における 静なる倍音の我意

時は自由に言葉乗せ あとは希望と波の音に

とうに絶え間ない 忘憂 明日にいるわ
とうにとめどない 荒む時はいつも
その秘密ライト いつも守っているわ
とうに変わらない 肯定ある限り

とうに譲れない どんな事になっても
その秘密ライト 迷う時はいつも
とうに絶え間ない 数えきれない程
とうにとめどなく 歌う時はいつも

とうに秘密ライト とうに絶え間ない
その秘密ライト とうにとめどない
とうに秘密ライト とうに絶え間ない
その秘密ライト とうにとめどない