時を運ぶ縦糸…命を灯す横糸…其を統べる紡ぎ手…其の理を運命と呼ぶならば…… Μοιρα Θανατοs――其レハ冥府ノ支配者ニシテ亡者達ノ王地上ノ者達ガ【死神】ト呼ビ畏レテイル存在 彼女モ同ジヨゥニ 愛シテル 彼氏ト同ジヨゥニ 愛シテル王者モ奴隷モ 聖者モ娼婦モ 等シク愛デヨゥ 生者モ同ジヨゥニ 愛シテル 死者ト同ジヨゥニ 愛シテル老人モ若者モ 詩人モ勇者モ 等シク散ラ
「こん0502ちわ、はじめまして!」差し出した手を――嗚呼…可愛い私のお姫様 小さな指で懸命0502握り返してくるあなたの歩む道程が 輝くよう0502『星』と…… ある雨の朝…いつものよう0502少女が目を覚ますと…寝具の横0502は優しい父親…そして大きな黒い犬が居た…雨の匂い…くすぐったい頬…どこか懐かしい温もり…小さな姉と大きな妹…二人と一匹…家族となった特別な朝…… 嗚呼…私は星を知らない 遠
―かつて世界には神より遣わされし蒼氷の石が在った古の聖者がその秘石を用い焔の悪魔を封じた伝説は伝承の詩となったが今や… その秘石の行方は…杳として知れぬまま…… ―神よ!再征服 ⇒ 再征服 ⇒ 再征服せよ! お別れだ…再征服 ⇒ 再征服 ⇒ 再征服せよ! 嗚呼…神よ!再征服 ⇒ 再征服 ⇒ 再征服せよ! 此処でお別れだ…再征服 ⇒ 再征服 ⇒
誰かの呼ぶ声が聞こえた 少女はそれで目を覚ます心地よい風に抱かれて 澄んだ空へと舞い上がる 誰かがね…泣いているの… それは気の所為かしら? もう…そういうことじゃないわ楽園で泣くはずないわ だって楽園なんだもの 何処かでね…泣いているの… 悲しみも苦しみも? 幸せ満ち溢れる世界?楽園で泣くはずないわ だって楽園なんだもの 本当はね…知
お揃いね私達 これでお揃いね あぁ幸せ…… 女は物言わぬ 可愛いだけの《お人形》じゃないわ―――愛しい貴方解って? ちっぽけな自尊心 満たす為の道具じゃないわ―――月夜の《別人格》は勝手? 首を絞めれば 締まるに決まってるじゃない―――月が貴方を狂わせたの? だってしょうがないじゃない 愛してしまったんだもの―――星が私を狂わせたのは何故? 真っ赤な衣装 真っ赤な洋靴 真っ赤な口紅 真っ赤な薔薇すれ違う男達 誰
嗚呼…そのパレードは何処までも続いてゆく… パレードは何処までも続いてゆく → 世界の果てを目指して先頭で仮面の男が笛を吹く → 沈む夕陽に背を向けてパレードは何処までも続いてゆく → 世界の果てを目指して男の肩に座った少女が歌う → その笛の音に合わせて 心に深い傷を負った者にとって 抗えない魔性の音… パレードは何処までも続いてゆく → 世界の果てを目指して燃えるような紅い髪の女が踊
無邪気な笑顔が 愛らしい妹は神に愛されたから 生まれつき幸福だった 一人では何も 出来ない可愛い天使誰からも愛される 彼女が妬ましかった 器量の悪い私を 憐れみないでよ…「―――惨めな思いにさせる 妹なんて死んじゃえば良いのに…」 あくる日妹は 高熱を出して寝込んだごめんなさい神様 あの願いは嘘なんです 懺悔が届いたのか やがて熱は下がったけれど今度は母が 病の淵に倒れた 母が今際の時に遺した言
白い結晶の宝石は 風を纏って踊る樹氷の円舞曲 遠く朽ちた楽園 黒い瞳孔の少年は 風を掃って通る樹氷の並木道 深い森の廃屋 少年が見つけた 少女の肖像画『彼』は病的に白い 『彼女』に恋をしてしまった… 幼い筆跡の署名 妙に歪な題名は【最愛の娘エリスの8つの誕生日に…】 退廃へと至る幻想 背徳を紡ぎ続ける恋物語痛みを抱く為に生まれてくる 哀しみ第四の地平線―――その楽園の名は『ELYSIO
一人娘は せっせと種を蒔く変わらぬ過去に 訪れぬ未来に 不毛な行為と 君は笑うだろうか?それなら君は 幸せなんだろうね… 根雪の下で春を待つの 夏が過ぎれば実りの秋ね… 成果…収穫…それは果実を産む最も遅い収穫…それは甘い果実を産む 一夜限りの 情事でも構わないそれをも女は 永遠に出来るから 不毛な恋と 君は笑うだろうか?やっぱり君は 幸せなんだろうねR
主よ、私は人間を殺めました。私は、この手で大切な女性を殺めました。 思えば私は、幼い時分より酷く臆病な性格でした。他人をいうものが、私には何だかとても恐ろしく思えたのです。 私が認識している世界と、他人が認識している世界。私が感じている感覚と、他人が感じている感覚。 『違う』ということは、私にとって耐え難い恐怖でした。それがいづれ『拒絶』に繋がるということを、無意識の内に知っていたからです。 楽しそうな会
―――悪魔に魂を売り渡すかのように 金になる事なら何でもやった問うべきは手段では無い その男にとって目的こそが全て切実な現実 彼には金が必要だった… 傾き続けてゆく天秤 その左皿が沈み切る前に力づくでも浮き上がらせるだけの金が 右皿には必要だった…そして…その夜も天秤は仮面を躍らせる…… 闇を纏うように 夜の静寂を探り 瞳と瞳を見つめ合って夢想的な月灯りに そっと唇
鬱蒼と茂る暗緑の樹々 不気味な鳥の鳴き声ある人里離れた森に その赤ん坊は捨てられていた 幸か…不幸か…人目を憚るように捨てられていたその子を拾ったのは王国を追われた隻眼の魔女 《深紅の魔女と謳われた》オルドローズ 銀色の髪に 緋色の瞳 雪のように白い肌拾われた赤ん坊は いつしか背筋が凍る程美しい娘へと育った… 流転こそ万物の基本 流れる以上時もまた然り二つの楽園を巡る
「―――箱庭を騙る檻の中で 禁断の海馬に手を加えて驕れる無能な創造神にでも 成った心算なの……」 (崩壊 其れは孕み続けた季節 二月の雪の日 『妹』の記憶) 「我々を楽園へ導ける箱舟は 哀れなる魂を大地から解き放つ救いを求める貴方にArkを与えよう」《Arkと呼ばれた物》は月光を受けて銀色に煌いた… 想い出まで裏切った 冷たい言葉の雨幸せだった二人 永遠に届かなくなる前に… 「ねぇ
―――そして…幾度目かの楽園の扉が開かれる…… 白い大地に 緋い雫で 描かれた軌跡 罪の道標古びた金貨 握り締めたまま 這い擦りながらも 男は笑った 廻るように 浮かんでくる 愛しい笑顔 すぐ其処に夢幻の果てに 手を伸ばす様に 扉に手を掛けた ―――そして…彼の現実は朽ち果てる…… 少女が小さく 咳をする度 胸の痛みが 春を遠ざける襤褸い毛布でも 夢は見られる 愛を知った日の 温もり
後の世に楽園と謳われる詩情溢れるアルカディアの山々 暮れ泥む秋の日の憧憬――其れは…未だ世界の悪意を識らぬ幼子の戯れ… ――そして…季節は廻り…運命の歯車は再び…静かに廻り始める…… 二度と還らざる 淡き少年の日々空を翔る鳥は何処までも 飛べると信じてた やがて振り返る 淡き少女の日々水に映る月を何時の日か 取れると信じてた (生まれた時から 一緒
【ロシア人豪商:Алэксэй Романович Зволинский】 赤く揺らめく暖炉 家にもあったのに悲しいけれど 燃やすべき 薪がなかった弟達はいつも 機敏に動いてた腹は減るけど じっとしてたら 凍っちまうから 運命の贈り物 不幸を詰めた 入れ子人形開けても 開けても 悲しみばかり 白く煌めく大河 風を切り裂いて走れ馬車よ 家は遠いか 空駈けろ妹達もいつも 腹を空かせてた頑張れ末妹よ 銀のお注射 
…ほら 荷馬車が揺れりゃ…そら 老婆も《吃驚し怖れ慄く》帰りたいのに 言えない 帰りたくとも 家無い …ほら 馬鞭が撓なりゃ…そら 老爺も《挙動不審になる》帰りたいのに 言えない 帰りたくとも 家無い る回る 車輪は廻る 運命は彼等を何処へ運ぶ背中合わせの温もりだけが 双りに灯る唯一の希望…… 重い足取りで 念いは届かず疲れた身体で 運命だからと 何処へ 何処へ 彼等は何処へ向かって行くのかしら?何故 何
始源 世界には唯混沌あり 軈て 万物の母なる者の目醒め母なる者 混沌より子を成さん 其は即ち 創世の三楽神である 長兄神と末妹神が交わり朝神と夜女神次兄神と末妹神が交わり太陽神と月女神が生まれた朝神と夜女神から大地女神の眷属太陽神と月女神から海原女神の眷属が生まれた 母なる者 自ら天空双神の眷属を生み最後に【死すべき者】――即ち人間を創った 時を運ぶ縦糸…命を灯す横糸…其を統べる
【高級遊女:ΚασσανδραとΜελλισαと其の見習い】 女蛮族のような腕力はないけれど芸のない唯の売女とは違うわ 嗚呼…花代と真心を引き換えに美しの夢を売る… 敬愛する詩人のような教養はないけれど学のない唯の街娼とは違うわ 嗚呼…元々哀しき奴隷の身とはいえ今は咲き誇る薔薇【高級遊女】 花開き風薫る春を鬻ぐ以外身寄りなき娘には何もないけれど憐れみならば要らないわ
雷を制す者世界を統べる王と成る 【アルカディア第一王子:Λεωντιυ_】 野を朱く染めながら 黄昏は 世界を誘い刃を緋く染めながら 我々は 生命を誘う夕闇へ 冥闇へ 生ける者にとって必要なものは 死せる者にとって不要なものばかり何が欲しいのだ 屍と成ってまで 握りしめた手に 何も掴めぬまま夕闇へ 冥闇へ 東方では 異民族の侵攻 苛烈で風の都は今 難攻不落の城壁を 築いているという 同胞同士が 争う傍で 時
【詩を詠む聖女:Σοφια】 嗚呼…哀しみは海の色 蒼く碧く嗚呼…苦しみは波の音 強く弱く 少女の頬は薔薇色に 輝きて美しのされど若き蕾は 悲しみに濡れて 未だ開かず 閉ざした瞳は対の闇 暗く冥く鎖ざした菫は終の夢 甘く苦く 何もない場処だけれど 水と光 愛は満ち足りてよようこそ此処は【詩人の島】海原女神と太陽神 腕白き美女神の聖域 貴方が見て来たものも 嗚呼…世の真実不
【暗誦詩人:Μιλο_と其の弟子】 少年の今は旅の空 賢人の詩も上の空幾年も仰ぐ高き空 老人は嗤う蒼き空 少女を尋ね幾千里 海原渡り征く海里彼女を捜す侭山里 高原臨む彼の郷里 天の隨に 咲ける星屑運命に惑う一片 寄り添う双星 嗚於…故郷よ (嗚呼…還らざる夢) 倖せだった (季節達よ)幼き日々の (嗚呼…残照が尚) 未だ眩く (胸を刺す) 二つ並んだ 野晒しの墓標朽ちた花
旅人よ お前の背には 黒き闇 死が纏う残された 季節も知らず 風よ 何処へと吹くのか? 一方その頃――東方防衛同盟に参加したアルカディア軍は女王アレクサンドラ率いる女傑部隊と戦端を開いていた 運命よ お前の手には 白き糸 音に揺られ紡がれた 所以も知らず 我は 何故に征くのか? 一方その頃――尚も戦火は世界を駈け廻り翻弄される者達 それぞれの季節が過ぎてゆく 嗚於…懐かしき故郷よ遥けき面影 あ
いつの世も 星屑は人を導き 人を惑わす生を憂う娘にも 愛に狂う女にも その光は同様に降り注ぐ…… 灯る星は 闇に騒めき 廻り来る焔の明日を示す夜空を翔ける 星女神の馬車は 地へと向う対の風 嗚呼…開かれし《黄道十二宮》御子は星屑の矢で誰を射る? 天球の隨に…嘆くのは【獅子宮】 流る星は 闇に安らぎ 廻り行く焔の明日を示す夜空に架ける 詩女神の橋は 紫へと至る終の虹 嗚呼…
――自由か死か…歴史に刻むのは彼等が生きた戦いの証 あの日の少年には 空を征く鳥が何よりも自由に見えた嵐女神の気紛れで 為す術もなく地に墜ちるというのも知らずに 彼は何処に征くのだろうか? ヤァ 息仔ョ 失ゥコトノ 堪ェ難キ痛ミニモ モゥ慣レタカィ? 何もないのだ 希望など遺されていないのだ もうお前(私)には……生命とは 喪われるもの…… あの日の少年――運命に翻弄され続けし者――黒き剣を取っ
神への供物 生贄という名の因習加害者は誰で 被害者は誰か?運命は犠牲者を選び また屠るのだろう問題となるのは 個の性質ではなく 唯記号としての数量 『Μοιρα』 残酷な神が統べる 私が生まれた世界怖れず 揺るがず 全てを愛す 女に成れたかな…… やがて香しく 花開く乙女達咲き誇る季節は短し されど燃ゆる唇に 唯 緋き愛の詩美しく散るのも また《花の命》 揺れる瑠璃色の月 とても綺麗なのに悲しまないで 過
【歴史は駈け廻る】 不死なる者が薙ぎ払う 紅い緋い死の渚今は物言わぬ屍 彼等にも物語があった されど ささやかな希望さえ 運命は赦さなかった 変わり果てた彼等に 接吻する者は愛する恋人ではなく 飢えた禿鷹のみ…… レグルスは東夷に備えろ ゾスマは北狄に備えろカストルは聖都へ供を我等【雷神に連なる者】 皆生きてまた逢おうぞ! 『運命は残酷だ されど彼女を怖れるな女神が戦わぬ者に 微笑むことなど決してないのだか
――そして或る男の手により冥府の扉が 開 かれる …其れこそが…永き神話のオワリを告げる彼の無情な戦い【死人戦争】のハジマリであった 老婆であるとも…少女であるとも…詩人が騙るように…神話は物語る…万物の母たる創造主運命の女神 『Μοιρα』 未だその姿を見た者はいない……
Celt lberosの眷属が築いた 城壁を崩してCarthageが踊った勝利の舞踏が 大地を震わせたHispania Romaが荒れ地を耕して 石を敷き詰めてVandalsの軍が蛮勇を奪って 荒らして廻った Visigothsが継いだ亡国の遺産の 歴史と文化はUmayyadによって異文化と出会って 花を咲かせたAragon=Cataluna ⇔ Castilla=Leon 同盟を結んでGranada 
残酷ナ『永遠』トイウ苦イ毒ヲ、喰ラウ覚悟ガ在ルナラバ、(残酷な『永遠』という苦い毒を、喰らう覚悟を決めたから、)共ニ生キヨウ 『争いの歴史は駆け巡る―』 風は彼の地に《支配者》を運び続けたが刹那の瞬きの間に 誰もが皆立ち去った 歴史が騙らざる 戦火の叙事詩を詠いましょう敗は大地に倒れ 幾度も花を散らす 千の孤独が 蝕む檻の中から朽ちゆく其の身を 解き放った緋き《焔》 『憎しみの歴史は駆け廻る―』約束されざる文