似てきたのかな ぼんやりと見た液晶画面の中 一瞬わたしがあなたに見えた 後回しにしてた思いやり「もしもし?」繋がるわけないし置き忘れたマフラー咲いた桜 風に吹かれた あなたがいない 毎日だけど慣れていかなきゃ慣れていかなきゃいけない もう直接言うことはできないからこうして歌にして届けようとしてる子供みたいに泣くのも恥ずかしいからこうして歌にして届けようとしてる 見ていたのかな 知ってたのかな真面目に暮らし
それは圧倒的なパワー誰も追いつけないスピード冠前絶後の興奮が待ってる限界の向こうにきっとまだ見ぬ景色がある必ずこの手で掴み取るんだTOP OF THE WORLD 焼き付く瞼の上繋いでいく想い流した涙Um 聞こえるんだ 言葉にしなくても恐れなんて微塵もない叶えたい夢そこにあるからそう答えはきっと前に向かって進むだけなのさ 立ち上がれどんなときも自信を持て それは圧倒的なパワー誰も追いつけないスピード冠前絶後の
The day has finally comeIt begins historic day Amore 飛んで飛んで飛んで音に乗って乗って乗ってOn and on… come againAmore 飛んで飛んで飛んで飛んで夢中に舞って舞って舞ってOn and on…Bring
愛せない どうしたってもうYou are my only one そうこれが恋ってやつならもう止められないOh difficultI love you ねぇ 始まりはそう決まっていつも突然気づくと 逢いたくなって今夜も眠れないよ 例えるならばそう君はじんわりと効いてくるSpice魅惑的なToxic“ねぇもっと” 求めてしまう 棘の無い花物足りない無傷のままじゃ愛せない どうしたってもうYou are my
Come on! Come on!前を向いて未来は君を待っているから微笑むほど幸せが ほらCome on!近づいてくるよ 新しい幕が上がるタイトルは未定だけど筋書きは思いのままに手の鳴る方へ 気の向くままにまだまだ書き足されて物語は続くよ 助走が長くなる程遠くに飛べると思えたら今日よりも明日はきっと輝けるチャンスはあるんだタメ息を飲み込んで強がることをしないで Come on! Come on!前を向いて未来は君を待
好きだよ 好きだよ 苦しいほど今もこんなに君だけ想ってるのに好きなの 好きなの 壊れるほど僕以外の他の誰かを見ないで こんな自分は初めてだよ自分より大切に思えたの好き過ぎて不安になるよ 会えない日は求め過ぎて困らせて縛ることで誤魔化した二人だけのルール スクロールの先で消されてない君の過去見つけて心が痛いよ 好きだよ 好きだよ 苦しいほど今もこんなに君だけ想ってるのに好きなの 好きなの 壊れるほど僕以外
自分だけがわかるGLORIA 一人瞼閉じて夜を見てた進むべきはどっちかって重い鉄の扉両手当てて開いたように今夜きっと始まるって胸が騒ぎだしてんだno brakingむしゃくしゃするくらいなら心臓に従おう one shot give me beat違う場所で生まれても僕は僕さtwo shot give me beat完成系はない進化し続けるのが生態系さ調子はどう?最低から最高へ oh oh oh… give me love g
経験則とじっくり向かい合う時間はさぁどっちがLove?ペピパ ペピパピ心はもう 探偵よりもずっと敏感でさ 全くもうペピパ プペパポ 離れたら寂しくて構って欲しくなるダメなやつさどう転べばまた愛に触れる?darling… 揺れてばかり夢見心地のweekでももう止まらない君が好きさ覚えたての 紳士な表情誰よりもほら君といたいbaby babyいつでもbaby baby10年後もbaby baby愛に
今を見つめてる 君のまなざしはどんな景色より 綺麗で 強くて 大好きでした何気ない日々の 大切なものも愛する気持ちも 君と出会って気付きました 乾いた風にさらされてほんとは傷ついてた君迎えに行くよ 今度は僕がDon’t worry Don’t worry 改札口で 君を探してる人の流れに逆らうように見つけられた しあわせだってそばにいてくれた君だからMy precious of love.
生まれてから死ぬまでに誰の声を一番聞くんだろうまだまだ君の一番にはなれないけれど 色んな場所へ行こう昔住んでたあの街も落ち着いたらもう一度遊びに行こう その髪に鼻を当ててほっとする匂いがして解けて行く糸みたいに何もかも大丈夫になるよ 誰より君の名前を呼ぶよ誰より優しくなると誓うよカーテンを揺らす風が君の頬 撫でるように 手を取り合える幸せ当たり前に感じたなら2人が出会ったあの日に帰ろう 僕の中にある弱さを知
Phoenix 燃え上れfire 愛を歌えクライマー乗り越えて頂で灰になれPhoenix 燃え盛れfire 声を上げろクライマー乗り越えて頂で生まれ変われ!Phoenix Hey 食らいつく這いつくばるようbite 終わりなき繰り返しのlife始まりから言葉にできないで 夢すらも現実に本当に変えれんぞ無き道なら切り開いてみたい 心ちっちゃい?気合込め拡大どーしたい? 勝ち負けは興味ない 誰もかれも自
やばばっばいくらいに加速していくズキュンズキュンとハート撃ち抜かれてやばばっばいの倍 君に夢中Eye wanna know追いかけてる Talking Walkingトキドキ ドキドキ する時Knock Knock on my door高鳴ってるグっときて キュンとしてハッとして ポッとしたビリビリin my heart痺れちゃってる 息が止まりそう 髪がなびくだけでMaybe Maybe Maybe見て見ぬふり 出来ない
恋は運命 手繰り寄せて 遥か彼方へ雁字搦(がんじがら)め 手を伸ばして 飛行機雲へ消えていく Love da Love da LoverLove da Love da Love 秘密が出来るたびにまた結ばれるふたり本気になればなるほど後悔も恐れず 毎回がRendezvous夢見た蜃気楼を信じよう情熱 Ah 薔薇のように 約束 重ねよう 恋は運命 手繰り寄せて 遥か彼方へ雁字搦(がんじがら)め 手を伸ばして 飛行機雲へ恋は
きっとEverything’s gonna be alright少し休んでもいいんじゃない?何遍だってUp&downいつも勝って負けての人生さ日はまた昇り繰り返すよハレルヤ サイコロ振って出た目の数進むような気ままな毎日じゃなくてまたバタバタしながら終われた何かが邪魔したTime to relax 例えばさ躓いてしまうのは進んでるからこそ起こり得ることなんだ影を感じること光を浴びているから
さあ風を蹴って 夢中で腕を振っていけ昨日の弱い自分を乗り越えていけるから 「自由」の翼を広げようこれまでの助走をバネにしてこの街飛び出してみてごらんGrowing Growing Growing Day宝箱ひっくり返したらドキドキとワクワクが詰まってたキラキラの心と笑顔がいつもより輝いて見えていた 弱い自分が顔を出してもうこれぐらいでいいだろうって繰り返しささやいてるけど何度もくじけそうになっても何度だって
負けるなと叫んだ明日は何かが変わるそんな夢を見た 負けるなと叫んだどこまでも我武者羅な毎日に夢を見た明日は何かが変わる気がしてる何の根拠もないのにね 目指す場所へトライ高まる期待 心技体極め信じたい新時代なんて自分次第近未来だって自由自在「これぐらいで良い。」それじゃ変われない「どれぐらいで良い?」なんて正解無しやれるだけやってみてダメならダメ失敗は成功のもとだから いついかなる時恐怖という悪魔 襲って
夜の風に揺れてる黒い長い髪 甘い香り 出逢った頃と同じ見た目以上に明るいその性格に 俺は惚れた これが恋かと知ったでもあの頃のお前は高嶺の花 だから逢うたびカッコつけてみたけれど飾らない笑顔を見て ありのままの自分でいられたよ あれから月日流れたけれど ただ一つ変わらない想いがあるから… 今お前と二人で見るこの景色が ずっと色褪せぬように今お前と二人で歳を重ね合える喜びを いつまでも忘れないよ 記念日迎え
あの頃と何も変わらない少しウザい話し方だってやけに心地良く感じて懐かしさが明日の力に変わった 何度も帰ろうとしたけどやっとこの街にも慣れてきたよ受話器越し 弱音を溢した日々あの頃が懐かしいたくさんの友達も出来たけどこっちでも楽しくやってるでも本音言えるのはお前なんだ大人になっても変わらないかけがえない友よ あの頃と何も変わらない呼ばれ慣れた互いのあだ名やけに心地良く感じて懐かしさが明日の力に変わったあ
これからもこの先も君と笑顔の花を咲かせ続けようDear my loverDear my friendsDear my familyにこの詩を贈ろうシャララ シャララ シャラララララ ありがとうそう君と出会ってからの僕は僕でいられました星が無い夜も光感じれたよ進む道のりの上きっと間違いも掛け違いもあるけど これからもこの先も君と笑顔の花を咲かせ続けようDear my loverDear my friendsDear my fa
そこは遠い道は熱い夢は長くまだ答えはない夜明けの街誰もいない止めた涙くやんだ ただの白紙 めくられてる日々書き留めたい 言葉が今 こんなに 空は今日も青かったふいに何かが変わった思いの先に何が待っているんだろう時は何処へ 広がっていく雲はプカプカと好きに泳ぐそれでいいんだ きっとそうなんだ 立ち尽くしたり振り返ったり嘘も多分見ないふりしたり閉ざした部屋強がるほど痛いところ気付いた 孤独だって 向かい合える
タフなハート!何度でも戦うと決めた時から止まらないマイロード小さなプライド背負って 拳を握って また一歩一歩ゴールを目指し全力疾走!たまに辛い日だってあって 思い通りにいかなくて 空が涙で滲んで見えても明日はきっと笑顔になるから 大丈夫! 恐れることは何もないよ 「俺は強い」と信じて いざ行こうぜ 「もう心配無いよお前なら!」そう空が笑ってる気がした 汗と涙の数 きっと輝けるもし不安になった瞬間だって
この思いを今 あなたに伝えたいよ いつでも いつまでも ずっと届くように… 不在の着信あり 留守電に1件のメッセージあリ問い合わせあなたの優しい声 電波の上その言葉のせる僕のところへ 心の奥へ とても深くて 響き渡って溢れ出す勇気とパワー 源はいつもここからこうして今でも生きてること それはあなたからの贈り吻噛み締める思い「ありがとう」 胸にグッとしまい今も次に戻る時 少し僕が大人になった姿を笑顔で迎
会うたび あなたに魅かれていきます明日も ますます会いたくなりますあなたに会うたびそのたびに会うたびふたたびそのたびに 月火水木金土日 止まることない時間足早に過ぎていく中で疲れて負けそうになってでもいつも心にあなた居て「今日もまた頑張ろう」って思えて本当いつも支えてくれて感謝してるよ あなたと出会い強くなれたあなたと出会い 毎日を生きる意味見つけたよ 大切な人 会うたび あなたに魅かれていきます明日も
いつまでも お前のそばにいるから繋いだ手を 離さないでいて泣き顔も その笑みも いつまでも分け合って悲しみは半分に 喜び幸せ 倍にしてゆこう “ユー・ガット・ア・メール”夕方過ぎデスクの上で震えた携帯電話開いた画面には胸を刺す言葉並んでた「会いたいよ」と 何度も打たれた文面の中に絵文字は無く 「、」と「。」だけしか無くってハッと気付く重ねたお前の心と 寂しげに俯くその顔近頃記念日もろくに前みたいに祝
運ばれる匂いに心浮き立つように歩みはまるで空気のように軽くて気持ち弾んで口元は自然とほころび笑顔眠たい目に沁みる太陽 見上げた雲はゆっくりと流れてくまさに心模様 流してく景色 この街を いつもと変わらない道で 揺れる花見ながら靴紐を結び直して 風に背中押され 歩いてゆく 口笛を今吹きながら 茜に染まる帰り道奏でるメロディーが僕の心疲れ癒して今日と明日また繋いでく 四角い空の下で足早に歩く人の群れ止まった
‘携帯電話依存症’また孤独を恐れ何かを求めて飛び込んだ気が付くと何時間も無い時間をただ無駄に使っていた「Yes」「No」なんて言えないですよケツを叩くように「Yes」を求める現代に食らわせてやりたいドロップキックこんな時代に対し 時に僕は「死にたい」と嘆くけどでもそんな勇気も無くてまた不安定な日々と隣り合わせ流れの中悪戦苦闘 明日はきっと変われるように また歩いてく この道を 忙しく過ぎる日々に追わ
Oh Summer days 朝まで遊んでた季節 夏が来ると思い出すあの頃Oh Summer days everytime はしゃいでた季節暑くなると思い出すあの頃 潮風フレイバー香る真夜中 君との語りは胸に抱く夢物語だったねそれを今も追い続けているんだ 君は今でもdo you remember?海に向かって歌ったアノ歌 波に打ち消され届かなかったアノ歌うたかたの夜に共に歩いた海岸通り(slowly)月明かりは二人
「サヨナラ…」 さよならなんて 始めから決まってなくて今更かも知れない 戻れるならあの日に戻りたいでも願いは届かない 刻む針前にしか進まない想いを伝えたいけど もう居なくて転がった読みかけの雑誌 借りて観てないDVDまだこの部屋には君の声が聞こえるような気がして○を付けた記念日 迎えることすらできずに2人あの日別れ告げた 涙を流して お揃いの腕時計の針は今も同じ瞬間を刻む2人の涙の理由(わけ)も知ら
会いたかったメンバー いつでも帰る場所があるんだだから忘れんなよ remember さよならじゃなくて また会おうぜEverybody say ho ×2 会いたかったメンバー いつでも帰る場所があるんだだから忘れんなよremember 「さよなら」じゃなくて また会おうぜEverybody say ho ここが俺らのHOME今このひとときを笑い会おう 大好きな仲間と エントランスゲート抜けると見慣れてる顔ぶれとい
Woh いつでも君の心に響く音!Lock on!Night & Day上がる大歓声!みんな体感せい!さぁ~ソナポケ☆DISCO! What’s up!噂のこのBEATの上でkeep on dancing!そう 男子と女子で激しく 肩や腰を揺らしshake it!さぁ 片手にきつめアルコール!駆けつけ一気にキメるhighestこれがマスト 余すことなくdancehall楽しもうぜ友と! 身体を揺ら