いつからか感じてた 電話の遠い声問いかけても返ってくるのは 気のない答え 真夜中にベルが 鳴る突然のさよなら握っていた受話器が急に 冷たくなる 分かったよなんて 強がってみたけれどただあきらめるなんて 今僕にはできないから 信じあえたこの気持ちが目が覚めたようにフィクションになる僕のどんな言葉さえも君にはもう聞こえないのか信じられないこの現実認めたくないノンフィクションになるこみ上げる悲しみさえも君にはもう届かない
映る全てが美しく 見えた日々からもう遠く打ち寄せ戻す風の音を じっと独りで聞いてます 今はどの空 秋の空 風に吹かれて ふらふらり 夏唄よ あの人に今宵は伝えてくれないかまだ愛しくて切なくて 送り陽の色に染まりゆく 幾度枕を濡らしては やがて覚えた恋の唄誰も忘れた顔をして やっとこうして生きてます 濡れた朝顔 振り返り 色は消えども きらきらり 夏草よ むせるような夢の続きを聞かせてよただしっかりと手を繋ぎ
8月の祭りのあとは 理由もなく寂しく薫り立つ浴衣の君は全てが艶やかで 夏がゆくたびに君はまた綺麗になる ゆっくりゆっくりと君を抱いてもいいの?カミナリが連れてきた長い夕立ちが肌の熱を覚ましてゆくよ 紫陽花の色が流れてやがて虹に変わる泣きながら笑ったのはなぜ さよならの最後に 好きなのにどうして僕たちは壊れてゆく あんなにあんなにも激しく恋におちて本当の君の重みを知った時に何故か僕は震えていたよ 夏がゆくたびに
あたためて 離れないで最後なんて知ってるから長い夜 終わらないで このままずっと二人だけ帰れない 鳴らないベル 待ち続ける 夕暮れは短すぎて一人の夜 苦しくなる 胸にトゲが刺さってく ねえ 来年の今頃は誰の中でわがままを言うの? あたためて 離れないで最後なんて知ってるから長い夜 終わらないで このままずっと二人だけ戻れない 坂の途中で振り返れば 君はいなくなっていた何度もほら 見送ってた忘れたはずの記憶
僕たちは何処へ行くのだろう何度も遠い空に向かって問いかけてみた何処までも続いていく雲は遠ざかるだけ気づけば一人になってた がむしゃらな毎日はあっと言う間に流れてくもう一度チャンスがあるならこの想い伝えたい さよならじゃないまだこれで最後じゃないやっとここで僕ら巡りあえたんだから強がりじゃないもうこれで終わりじゃないここにくれば同じ春の匂いがするずっとここにいるよ 果てしない夢 語り合えた日々もうこれ以上大
Hello odyssey永遠の探し物は 明日の僕Good by happinessHello loneliness… 月はやがて 光を消して太陽が夜明けを歌うこの世界には 終わらせないと始まらないものがあるね 愛しすぎて壊したジェット機のプラモデルあの日のセツナサがいつか僕を 大人にした Hello odysseyまだ此処に居たいけれど もう行かなきゃGood by yesterdayHello a brand-new
灯りが残るバス通り非常階段に 座り込んでサビ色した月を 見上げていた あの頃 嘘や本音は疲れるから意味もないこと喋ったけどくたびれたフードを 深くかぶったら点のような日々も僕らなりの術でカタチになる気がしてた 愛する人も 守るなにかも変わってゆくのだろうでも ここにいる理由だけはいつでも思い出せる人気ない駅 近づく風にそっと目をそらしたら「もう逢えることはないね」と最高に見放しながら笑った 世界が少し不
呆れてんだ そこで土下座でもすれば進むのかい?疲れてんだ そんな話をまだ君は続けるのかい? 歩むべき道は遠く 有るべきものが今は無いまずは奥の声聞かせなよ 知ってるでしょ? 3が1つになる劇的瞬間を ×2「ケイゾクは力なり」 笑ってもいいかな ×2 殴りたいんだ それでも必死にこらえてるんだろう平気なんだ? 腐った理屈がばらまかれてるのに 言葉に温度が無くて いつか訪れるだろうもっとリアリティーのある世界
最後なんだ 君に伝えるチャンスをも一度だけまだ君といたい 思い描いた明日が来るように 真夜中の駅 音もなく振る白い雪色あせた約束きっと君は来る 出会えたあの日と同じこの場所で待ってる ああ 抱きしめあった情熱は すれ違っていったそう 流れる涙が 枯れてなくなる前に 最後なんだ 君に伝えるチャンスはもう一度だけ今しか言えない言葉がたくさんあるから僕が何もできなくなるその前にもう一度だけまだ君といたい 思い描いた明日が来るよう
「生きているうちに雨降りの日はどれくらいあるの?」同じ傘の中君の疑問を 笑ったりしていた水たまり蹴って はしゃいで逃げまわって君をつかまえて ずっと一緒がいいと答え合わせた いつまでも ああ この雨が降り続けばいいと願っていたああ この先も傘はひとつでいいはずだったけど bye byeさよなら
遠い日に僕らが描いた未来は果てしなく遠くに見えたなくしたくないもの なくしてばかりでさよならを言った時 本当の痛みって何か分かった 他の誰かじゃなく君の事が何よりも大事に思えたあの頃歩きだせばやがて遠くなってく堪えきれずに僕は泣いた 忘れないbetter days くだらない話で笑いあえた日々どこまでも行ける気がした自分だけでできることは少ないといつの日か知ったよね 君がいたからここまでこれた他の誰かじゃな
goodbye 枯れ葉ひとひら言葉の隙間に舞い落ちたgoodbye このまま僕をもうどうしようもなく忘れてく 僕は消えてくとぎれちぎれ蜘蛛の糸離れてゆく影 影胸の奥に絡みつき繰り返した何故 何故まわりまわる風の音まるで夢のように君はいない いない いない どうして 恋の終わりはこんなにあっけなく 流れてくどうして あの時君を止められずに僕は見ていた ずっと見ていたしがみついた蜘蛛の糸記憶の中まだまだ胸の
みんながそろったらパーティーを始めよう暗闇を合図にパーティーを始めよう今日は君のバースデーパーティーを始めようそろわない声でハッピーバースデーを歌おうずっと内緒にしていたケーキの登場驚く君に盛大な拍手を今日は君のバースデーパーティーを始めよう 揺らめく炎を 1・2・3で吹き消そうグラスがそろったらパーティーを始めよう乾杯を合図にパーティーを始めようちょっと最高潮になった僕らのモード君の父さんと 母さ
この細胞の中で暴れ出した最後のメロディー太古の昔から守られてきた秘密を暴くんだこの世界で君を見つけ出せるかどうかにかかってるんだまさに今 そのベールがゆっくりと剥がされる瞬間だ i know yeah yeah SOUL of ORIGINyeah yeah SOUL of ORIGINyeah yeah SOUL of
暮れる年に せかされるように足早になる街の人波にこの街に来て 初めてのクリスマス少しだけ今日は 優しくなれるかなねぇ 君は今何処からこの雪を見ていますか?今年もいろんな事がたくさんあったよね悲しみも痛みも全て消えゆく聖なる夜目を閉じて 浮かぶ誰かの幸せを祈ってるよ 強く 強く 隣の部屋テレビの音が大きな声で 笑うのが聞こえる去年はそうポケットの中君の指から 熱を感じていた仕事をしている人もケンカをし
その気もない やる気もないそんなのやってもダメねいつだって何処だって明るく楽しく ゴ・ゴー・ゴー!なにやったって そうじゃない?例えば僕らの場合は 夜の12時まわってもまだまだ働け ミュージシャン!プロモーションが大事です新曲リリース近づけば僕だって誰だって毎回ドキドキしてるんですキャッチーなメロディーに時代のキーワード乗せて世界からカシワから 今夜も歌うよ C’mon music!yea
君から飛び出したキスで初めて感じたSlow Time一人きりの日よSo good byeいきなり誘いに乗ってはしゃいで車に乗ってさあ君を歌うよIt’s my mindAh 見つけだすメロディーは僕を突き抜けてる動きだす心には逆らえそうもないさ 君の心の中にかかるレインボウしっかりと僕につかまっていて単純な成り行きの恋はできないよあきらめたはずの瞳の中へ吐き出すケムリみたいに気まぐれな君のSmilin
友達のまま 離れたの?恋人のまま 離れたの? 君のいないこの部屋は怖いはど静かであの日写した写真の君は僕を見たまま あっけなく 夢から覚めて忘れられてゆくのかなわかってる 遅いよ 遅すぎる自分のズルさにそばにいて 笑ってくれたそれだけで嬉しかった抜け殻のココロだけがただひとつ あっけなく いっそこのまま忘れること出来るかなわかってる 遅いよ 遅すぎる自分のズルさに何一つ残らないけどあの頃に戻れたならもう君に言えることはた
ありがとうって言いたくて素直になれない そんな時もあるよね僕はこんなに気分屋て とてもわがままなんて分かっちゃいるけど それは嫌だと言えばいい なのに言えない場面ばっかりだよね僕の頭なら誰にだって下げてやれるさ いくらだって あー 僕の信じてたものってなんだっけ?それでも明日から 明日からって 思ってやるしかないんじゃないか 笑いたい 全て忘れて騒ぎたい夜もあるから眠れない夜には僕に話を聞かせてはくれないか?笑いたい 仲
行く場所もないまま 何処かに走りたかった理由もないまま 誰かに伝えたかった あの頃 僕らは時間を無限と思った一秒一秒が 止まって見えてた 春を待ちながら 雪を踏みながら叫んだあの日の少年は消えていった君を待ちながら 影を踏みながら夢を抱きながら 少年は消えていった 初めて彼女の香りを知った夜は欲しかった全てを手にした気がしたんだすれ違った少女が最後に教えてくれた綺麗にのこるもの 汚れてしまうもの 雷を聞いた そのドア叩いた
新しいシャツに袖を通して定期を入れて新しい恋とゆっくりだけど進み始めてる 「ねぇ、早くしてよ」とがらせる口にどこかで見たような目の前の街が色づきだした 「桜咲ク」ああ 春色があの頃の空気を連れて来たようででも今は新しい何かを見つけたいよ Bye Bye思い出に Bye Bye Bye あれからの僕は自分ばっかり周りも見れずにもう忘れなくちゃいけないことも忘れかけていた 今降る雨もやがて花びらを流して壊して歩く僕の靴に
He’s a koala bear, and you’re a bambee,People are different, all livin’ in the
ああ 今日も同じ僕は一人ホームにたたずむ降り出した雨の音懐かしい冬の匂い そう ふと思ったこのままもし消えて行けるなら振り返り自動改札の先に答えを探した また 変わらない毎日が曖昧に過ぎてゆくでも 何も迷わずに自分を探しに行こう 遠い愛の世界へ僕は旅に出る雨がやんだ場所で君に会えるかな ふと 思った過去があって今があるのならこの僕が出来ることは歩いてゆくことなんだね いつか 愛の世界へ君を連れてゆく一人辛い夜もきっと明
ギターマン君の唄は 悲しい気持ちなんか吹き飛ばすギターマン歌うだけで きっと誰かに届くはず 彼がずっと見てる夢は みんなに愛されるよな ギターマン街の隅で聞こえてる 今日も彼の声がこだまする 懐かしいそのメロディー なぜか胸が熱くなる真っ直ぐな心のままで言葉にならない言葉 涙にならない涙そんな僕の心を唄ってくれ ギターマン君の唄は なんだか心を惑わせるギターマン唄うだけで 優しい気持ちになれるはず 拍手をすれば照れるような
どんなに強く強く抱きしめても消えてしまう夢のようにあてなく長い長い階段降りればもう引き返せないから ありがとうなんて言うつもりもないしいま君の心のありかをただ探してるだけ さよならは一番最後に言うよだから今は聴かせて僕たちが初めて目があった時の止まらない痛みを いつから君はそんなに疲れた顔していたのか 気がつけずに うつろう頭で君を抱きたくなるぶれてゆく綺麗な輪郭をただ追いかけるだけ 重なった指から滑るように
ひまわりのうたをうたうぼくのすきな花だからひまわりのうたをうたうあなたのような花だから 田んぼ道に蝉が鳴く真っ直ぐ伸びたあの道をばくはいつも走ってた明日を信じ走ってた おーい ぼくがゆく道を邪魔するものは何かい?おーい ぼくはゆく この命が続くかぎり ひまわりのうたをうたう太陽のような花だからひまわりのうたをうたう一人で咲く花だから おーい 限りなく降り注ぐ光をこのぼくにおーい かなわない夢追いかける愚かさをぼくに
いくつも空に描いた明日のイメージはすれ違ったあの日から同じままで帰り道の途中で懐かしい場面が僕の記憶をひも解いてく なくしたものは二度と取り戻せないからいつまでもここで輝き続ける ビデオテープみたいに思い出は回る青すぎる空は何もかも飲み込んでゆく擦り切れるくらい見た約束の場所でもう会えなくなった君がほらまだたたずんでる 何度も夢で逢った君の面影が静かに僕を包み込んだ 僕らの愛は出会った時からずっと離れてゆ
やりきれない この感情何処へ進んでゆくのか 二度日の夏 答えもなくまた同じ場所に来た 気がつけば そこに夢はなくて君は僕の前から 姿を消した 帰りたい もしできるなら面影が まだよぎってるぐるぐると 止まらないレコードの様に 響いてる ノイズばかりが悲しみで 音が震える擦り切れた レコードが回り続ける 乾ききった 心の中メロディーが こだまする ふざけあった あの夏の日浮かんでは
夜明けの光が僕を包み 長い雨はあがってゆくどれくらい君を探しただろうこんなに近く感じる 今 「君に逢いたい」と思うことが 全ての始まりで誰も見えない光の糸は しっかりと僕らを繋いでる 心が騒いで眠れぬ夜 寂しさに負けそうになる不思議なものだね 君といるとこんなに優しくなれる また 変わってゆくものばかりで 辛く辛くなるねでも僕はずっとここにいて ただ君はずっとここにいる たくさんあるドアの向こうに 色とり
カラカラの空気を 掻き分けながら君を乗せた バスはこの街へ週末の歩道 人影で埋まる恋のリズムが 僕をせかしてく 思惑に気付いた君の心だけでも知りたいんです 赤い自転車に乗って 迎えに行くよ君を嬉しさをペダルに乗せて 裏道を走る頭の中がリアル考えるのは1つ目の前で「君が好き」だと言いたくてそれが僕のイメージ あの雨の日傘を貸した理由は逢う為の 君への口実 想うところは同じで筋書き通りに行きたいんです 僕の自転