悲しい歌は もう歌いたくない(あなたとの恋 思い出してしまう)切ないメロディー その歌詞まで胸の奥の甘い痛み 思い出させる 人混みを歩いて喧騒の中 逃げ込む好きだった大事なもの (そのすべて)どこかに置いて行こう やさしい眼差しや両手の広さや温もりを忘れなきゃ (ずっと) 苦しいだけで新しい出会いを受け入れられなくなる 悲しい歌は もう歌いたくない(しあわせだった 輝いていた日々)あんなに誰か愛せやしな
地平線の上空 星の灯りが色褪せて夢から覚めるようにやがて白んでく広い世界のどこに あなたがいても構わないわ信じ合えば必ず 想いは届くでしょう 愛の歌を窓辺で歌いたい風に乗って山も海も越えて知らない街角に辿り着いたメロディー誰も口ずさむのは あなたへの愛の歌 新しい夜明けは どんな過去より眩(まぶ)しくてこれから始まること 期待してしまう遠く離れていても あなたはそばにいるようでそっと瞼(まぶた)閉じれ
君のことが 大好きと悔しいくらい 叫ぶから広い校庭 君を探している一瞬のミラクルで君の元 行けたなら今はきっと この恋 トランジット (Yeah,Yeah,Yeah) 眩しい日差し 聞き飽きた授業いつも通りなのに何にも 手につかない隣の席 君が輝いて一緒に過ごした時間思い出し 恋煩いね 「元カノ」なんて呼ばないでよなんで 最近 モテてるの?目が合って ウインクAh 惑わせないで 君のことが 大好きと悔しい
WOW… 誰かのために僕は 何度微笑んだだろう?近くの幸せが眩(まぶ)しかった雲の切れ間から差し込む太陽は順番にこの地上照らして行く 自分だけ遮られ(光が当たらない)上手くいかなくて(日陰のままだ)伸ばした掌(てのひら)はその日差しをどこで見つける? 100万回 負けたって この夢を諦めることはないこれからなんだ WOW WOW WOW WOW身も心も 傷ついて 倒れても逃げ出したりしない永遠のも
ある日 突然 悲しみが生まれることってあるんだどんな晴れた青空だって 夕立は急にやって来る もし君が雨に打たれて ずぶ濡れで震えてたらきっと側で見守る人がすぐに駆け寄るだろう 誰かは誰かのため 僕は君の 君は僕のため世界中が支え合って 愛で回ってる 何度でも転べばいい立ち上がる 次のチャンスはあるんだ傷ついて 君はもっと強くなっただろう何度でも 泣いてもいいまたすぐに 涙拭ってしまえばいい明日はいつか晴