アナクロ少女 – SOLEIL

陽が落ちる前の5分間 紫の空を眺めてた
門限は五時の時報 だけど 遠回りして帰りたいの

半透明のうす雲が包んでいく
風見鶏の影 青の星を背に

成熟、そして退化 繰り返す
アナクロニズム ときに再燃
それは真冬の宵のシーイング
微睡みかけた 風に口づけ

偶然 高台の向こうに 見つけた 未踏のニュータウン
見下ろす石段 下る先には「止まれ」
エンドレスループの標識

好きかどうかは また別の話で
無自覚なら 子供でいられる気がした

成熟、そして退化 繰り返す
アナクロニズム ときに再燃
それは 正体不明のモノリスと
微笑みかけた 月と踊るの